【U18選手権】初の決勝進出を目指すロンドリーナ 伊久間洋輔監督「選手たちの『日本一になりたい』という思いをサポートしている」

【U18選手権】初の決勝進出を目指すロンドリーナ 伊久間洋輔監督「選手たちの『日本一になりたい』という思いをサポートしている」

 第2回大会以来4大会ぶりの出場を果たしたSBFCロンドリーナ。チームを率いる伊久間洋輔監督は、PK戦までもつれこんだ東海大学付属翔洋高校フットサル部との試合(1-1PK2-1)を振り返り、なかなかゴールを奪えないフィニッシュの部分を改善点に挙げた。

 また、第3位となった前回大会のチームの強みを振り返ったうえで、ロンドリーナの選手たちの今後について期待していることも語った。

以下、準々決勝後の伊久間洋輔監督のコメント

――PK戦までもつれる非常に苦しいゲームになりました。
伊久間 取るところで(点を)取らないと、といういつものことですね。失点をしないようにしていたのですが、1点目を取られてしまいました。そして、相手には(守備構築の名人)オスカー(眞境名)がいるじゃないですか? 守備を固められたら難しくなるのもわかっていたので、本当にワンチャンスを狙うしかないと思っていました。今年の選手たちは、「みんなで日本一になりたい」と言っているので、「そのサポートをコーチングスタッフはしているんだよ」と、話はしています。そこで常に一つのプレーで一喜一憂しないとか、負けているからどうのっていうのを考えず、次のステージに進むことを考えています。そのために1点を取るんだけど、取られてもいけない。そして相手はこうだと。今の試合は先制点を奪われた瞬間にそっちになってしまいました。先に点を取っていたら、もしかしたら大差をつけられていた可能性もあります。でも、そんなにうまくいかないのが実際ですよね。

――守備を引き締めて次の試合にいけます。大阪も決めるべきところを逃さない印象です。
伊久間 そうですね。下手を踏むと、大差で負ける可能性もあります。ロースコアになれば、うちのゲームに持ち込めるでしょうし、今の人数と相手を見ると、それ以外は厳しいかなと感じています。

――連戦にもなりますからね。
伊久間 ただ、昨日は休めた(主力3選手をベンチ外に)ぶんがあります。ほかのチームに迷惑をかけてしまいましたが……。

――久御山高校が得失点差で敗退してしまいました。
伊久間 そこは本当に申し訳ないです。ただ、本当に日本一を目指すなら、彼らを休ませるしかなかったので、苦渋の選択でした。

――その一方で昨日の試合では1年生も起用できました。それは次につながることだと思います。
伊久間 1年生は良くなってきていますし、みんな「出たい!」っていう感じで、ビビッていないんですよね。だから試合に出場させることができたのは、来年以降につながりますし、そこはすごくよかったと思います。

――次はシュライカー大阪U-18との試合です。
伊久間 楽しいですね。フットサルチームが上がることができているのは、戦略とか戦術とか、フットサルの駆け引きが必要ということを証明できていると思います。あとは個がそんなに引きをとらなくなれば、よりその傾向が強くなるでしょう。

――まだちょっとサッカー部の方が個は強い気はします。
伊久間 そうですね。サッカーチームはまだ何となくでやっているところもあると思いますが、少しずつフットサルの選手が教えに行ってくれています。それで戸惑いながらプレーしているところもありますよね。ドリブルで2人はがしにいけるところでも、パスを回してくれたりするので。こっちとしては、今はそれがやりやすいのですが、今後、どう使い分けるかを判断できるようになってくると、また怖いですね。サッカーのチームが。

――そういうことを考えると、日本のフットサルはもうひと伸びしそうですね。
伊久間 本当にサッカーチームにもう一つ上のレベルに来てほしいですね。そうしたら、レベルも上がるでしょうね。

――帝京長岡に今大会は出場してもらいたかったですね。もう一つしっかりフットサルチームの力を図ることができていたので。
伊久間 でも、遊学館も強かったですよ。もともとロンドリーナにいた選手もいましたが、すごくうまい選手が多くいましたね。フットサルに残ってくれるといいなと思いながら見ていました。どうなんですかね。サッカーチームが落ちているのか、フットサルチームが上がっているのか。

――そこが帝京長岡がいればはっきりしたんですけどね。ただ、おととしの大塚尋斗みたいなとんでもない個はいない感じでした。久御山のファーストセットは素晴らしかったですけど。あとはFリーグクラブに、ここから選手を獲得してほしいですね。話が逸れました。次の試合で、植松晃都が出場した第2回大会の3位を超えられるかどうかが決まります。
伊久間 あのチームは、形を持っていたんですよね。野口健吾と藤村亮というフィクソがいてね。フィクソで晃都ともう一人がチョコチョコして、健吾に当てたのをほかの選手が拾いに行っています。そういう形があったので、自分たちのペースに持ち込める強さがありました。あの時も3位だったので、今回は決勝に勝ち上がりたいですね。人数はいるんですよね。

――ちょっとサイズが小さいですよね。
伊久間 デカイやつは細いんですよね。でも、いま2年生、3年生の子たちも、1年生の時は小さかったんです。それがだんだん身長が伸びて行って、ここから大学生くらいになると幅も出てくると思います。だから、ここでやめずに頑張ってほしいと思いますね。本当に培った能力を生かせるのは、この後になると思うので、やめずに大学やサテライトに進んでくれたら、試合に出ていない選手でも面白い選手はいますからね。

――昨年、準優勝のすみだバッファローズはほとんどやめてしまったそうですからね。
伊久間 それはもったいないですね。燃え尽きちゃうと、ちょっとというのもあるので、続けてほしいですね。でも、うちの子たちからも上がれる選手は限られてくると思います。

――それだけFリーグのレベルも高いですからね。
伊久間 そうですね。

――もう一つ経験を積むためにも、決勝進出を目指して頑張ってください。楽しみにしています。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社