【U18選手権】選手たちの成長を実感する大阪U-18林浩平監督「僕も驚くようなプレーを見せてくれました」

【U18選手権】選手たちの成長を実感する大阪U-18林浩平監督「僕も驚くようなプレーを見せてくれました」

 第3回大会以来、3大会ぶりの出場を果たしたシュライカー大阪U-18は、クラブ史上初の決勝ラウンド進出を果たした。準々決勝では、札幌大谷高校(北海道2)に5-2で勝利し、準決勝にコマを進めている。

 今年4月からチームの監督に就任し、前任者たちが育ててきた若いチームを引き継いだトップチームのOBでもある林浩平監督に、自身が大阪U-18に加えた色について、また、国士舘大の先輩でもある伊久間洋輔監督の率いるSBFCロンドリーナとの一戦への意気込みを聞いた。

以下、準々決勝後の大阪U-18 林浩平監督のコメント

――クラブ史上初のベスト4進出です。その感想を聞かせてください。
林 正直、ここまで来れるとは思っていませんでした。1試合1試合、選手たちは成長をしているなという印象を受けます。

――U-20日本代表FP井口凜太郎選手もいますし、注目のチームでしたし、相手からも警戒されていたと思います。
林 そんななかでも子供たちが、ピッチのなかでいろいろ判断して、僕も驚くようなプレーを見せてくれました。自分たちでも考えながらプレーできるようになったかなと思います。そのなかでも、やっぱり井口は得点というところでも活躍してくれていますね。

――止めるし、点も取るし、大車輪の活躍を見せていますね。
林 欠かせない選手ですね。

――この大会前に永井義文氏らからも教わってきたと思います。その教えを受け継いだもの、さらに加えたものはどんなものがありますか?
林 いま、おっしゃられたとおり、僕は4月から監督という形になっています。このU-18全日本選手権の予選が5月からでした。1カ月でやりかたをバッと変えるのは、自分たちにもよくないと思うので、基本的には永井が予選を見て、それをベースにして継続はしてきています。そこに僕の色も随所に入れていきたいと思っていますし、ディフェンスでしっかりカバーするところ、球際のところは非常に強く言ってきています。あとは駆け引きのところですね。そういうところは加えています。

――いま、第2試合が終わり準決勝の相手がロンドリーナになりました。4クラブがすべて、フットサルプロパーであり、Fリーグクラブが4強に3チームあります。フットサルプロパーのチームが優勝するのも初めてになりますが、その意義はどう感じますか?
林 フットサルは、サッカーにも通じる部分がありますし、ボールを蹴るというところは一緒だと思います。そのなかでフットサルの練習は、セットプレーなどサッカーにないものをやってきています。そういうトレーニングを積んでいるチームが勝ち上がったことは、今後、サッカー界にも価値を証明できるのではないでしょうか。この年代だけではなく、小学生、U-12年代もそうです。Fリーグの下部組織から昇格して、12歳から上がってきて、U-18に入ってきている人もいます。その年月、フットサルをやってきた選手は、サッカーだけをやってきた選手と比較しても、練習で差は出ているかなと思います。今後、(フットサルプロパーチームが勝つことで)価値が出てくると思います。

――数時間後には準決勝があります。対戦するロンドリーナも育成年代で日本フットサル界に大きく貢献してきたチームです。
林 おっしゃる通りで、監督の伊久間(洋介)さんは国士舘大学の先輩でもあるので、普通にしゃべったりします。

――国士舘の先輩と後輩ということは……不利ですね(笑)。
林 いやいや、そこはもうピッチに立ったら選手時代と一緒で、監督になっても変わらずに戦いたいと思います(笑)。本当にフットサルチーム同士ということで、やりやすさも出てきます。サッカーチームとずっと対戦してきたなかで、サッカーのような勢いでブワーっと来られるところとか、未知なことが起きたり、感じたりするよりは、もしかしたらやりやすくなるかもしれません。ディフェンスやオフェンスに精査されている部分が出てくるので、そこを私も含め、選手たちとスカウティングして、判断できればいいと思います。やりやすさも出てくる反面、難しい試合にもなると思います。

――これだけの連戦もないと思いますが、疲労面については?
林 すごく疲労はしています。もともと体力がない子供たちなので。それがないから、こういう風に戦おうという練習もしてきました。そのやり方がいま、ハマっているかなと思います。

――両チーム、守備が固いですし、先制点はポイントになりそうですね。
林 まだロンドリーナさんの試合をあまり見ていないので、今からビデオを見るのですが、うちも一番は守備です。守備から自分たちでつくりあげていくことはベースにしています。相手も戦略を持ってくるでしょうから、すごく面白い試合になると思います。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社