【F1】第1戦での修正点を第2戦に生かせるか GK岩永汰紀「明日につながる試合だった」

【F1】第1戦での修正点を第2戦に生かせるか GK岩永汰紀「明日につながる試合だった」

 バサジィ大分にも、強力なシュートを打てる選手は多い。だが、名古屋オーシャンズのFPペピータのシュートは、また一つ違ったようだ。

 試合開始20秒、自分たちのCKからカウンターを浴びた大分は、ペピータにボールを運ばれ、そのままシュートを決められた。この時、数々の好セーブで大分のリーグ最少失点の立役者となっていたGK岩永汰紀は、迷いがあったと振り返る。

「自分自身、迷いがあって、下がるのか、前に出て対応するのか迷って、さらにコースが変わって反応ができなかったんです」

 対応していたFP白方秀和にも当たったボールは、岩永の逆を突く形でゴールに決まった。その後も何とか体にボールを当てて、かろうじてゴールを守るような場面が何度か続いたが、少しずつ相手にアジャストしていったという。

「グロさん(GK石黒紘久)とも話をして、『若干、ポジショニングが高めだった』と言ってもらいました。細かい修正がもっと必要になると思います」

 今季、アグレミーナ浜松から大分に加入した石黒は、GKコーチも兼任している。その「基本に忠実」な石黒の指導が、今季の活躍に大きな役割を果たしていると岩永は言う。

「大阪に行って定永さんに教えてもらって、その前の大分での1年目はヤギさん(青柳圭佑)に教えてもらって、また全く違うGKコーチだと思いますけど、幅を広げるにはいいことですし、新しいことなので新鮮な気持ちで取り組めています」

 第2戦で大分が逆転優勝をするためには、岩永の活躍は不可欠なはず。「試合で急にうまくなることはない」という岩永だが、後半にはペピータとの1対1を止めるなど、第1戦を経て名古屋のレベルにも順応できつつあるように映る。

 オーシャンアリーナは、かつて名古屋に所属した石黒にとっても、フットサルの原点となる場所。その場所で、タイトルを獲らせることは、何よりの恩返しになるだろう。

「昨年からプレーオフの制度が厳しくなり、出場チーム数が限られることになりました。こういう(決勝を戦う)経験はなかなかできません。2-2の同点で終わったんですが、明日につながる試合だったかなと思います」

 第1戦で蓄積した経験もすべてぶつけ、岩永は自身にとっても初となるリーグタイトルを目指す。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社