【F1】PO第2戦も、第1戦と同じ展開を予想するFPペピータ「1シーズンを通してきた特徴がある」

【F1】PO第2戦も、第1戦と同じ展開を予想するFPペピータ「1シーズンを通してきた特徴がある」

 プレーオフ・ファイナル第1戦で、名古屋オーシャンズの2つのゴールに絡んだのが、AFCフットサルクラブ選手権でも、唯一の助っ人外国籍選手として大活躍を見せたFPペピータだった。

 開始20秒で先制ゴールを決めると、後半にもボール奪取からFP吉川智貴の追加点をアシスト。その他の場面でも前後半を通じて12本のシュートを放っており、たびたび大分ゴールに襲い掛かった。

 22という結果に終わったことについても、「ディフェンスが崩せなかったというよりも、フィニッシュをゴールにたどり着けなかったことが、今日の結果につながってしまったかなと思います」と、自分たちのフィニッシュの精度を反省したペピータは、第2戦でも名古屋が攻め、大分がカウンターを狙う展開は変わらないと予想する。

「(名古屋は)このアドバンテージがあるからと言って、『守備を固めて、引き分けでもいい』というチームでもないので、明日も勝ちに行きます。大分も、このままでは優勝できませんが、立ち上がりから前からプレッシャーをかけて、どんどんボールを奪い、攻撃をして、よりリスクを冒してくるとは思えません。1シーズンを通してきた特徴があると思うので、この引き分けによって有利であっても、私たちは攻撃的に戦ってきたので、それを明日も出したいですし、相手もいつも通り、慎重に守備でハーフコートから入ってくるでしょう。試合終盤でこのままのスコアであれば、考えが変わるかもしれませんけどね」

 ペピータが第1戦と変わらぬ活躍を見せることができれば、名古屋はリーグ3連覇に大きく近づくはず。改めて、その能力の高さが浮き彫りになった初戦を終えて、大分が名古屋のブラジル人トリオを、どう抑えるかは注目ポイントの一つだろう。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社