【日本代表】2020年最初の活動となるスペイン遠征メンバー17名を発表、名古屋から最多8選手を選出!

【日本代表】2020年最初の活動となるスペイン遠征メンバー17名を発表、名古屋から最多8選手を選出!

 日本サッカー協会は21日、フットサル日本代表が1月28日から2月8日に行うスペイン遠征の招集メンバー17選手を発表した。

 2019年の最後に行われた国内合宿のメンバーからは、GKピレス・イゴール(町田)、GK坂桂輔(北海道)、FP森洸(大分)、FP芝野創太(大分)、FP田口元気(すみだ)、FP内村俊太(湘南)、FP小門勇太(大分)、FP堀米将太(北海道)、新井裕生(立川・府中)、石田健太郎(浦安)、FP中田秀人(すみだ)が外れている。

 療養中のイゴールに代わり、GKには2019年は招集されなかったGK篠田龍馬(名古屋)、負傷離脱が続いていたGK檜山昇吾(大阪)がメンバー入りをしている。

 FPでは、茨城合宿を負傷で辞退したFP皆本晃(立川・府中)をはじめ、FP星翔太(名古屋)、FP西谷良介(名古屋)、FP安藤良平(名古屋)が招集された。また、欧州でプレーするFP逸見勝利ラファエル(SLベンフィカ=ポルトガル)、FP平田ネトアントニオマサノリ(ADフンダオ=ポルトガル)、FP清水和也(コルドバ・パトリモニオ=スペイン)の3選手も招聘されている。

 Fリーグのレギュラーシーズンで1位となった名古屋オーシャンズから最多8人が選出された一方で、プレーオフファイナルに進出したバサジィ大分、3位となったフウガドールすみだからは、招集がゼロになっている。

 また、ペスカドーラ町田からスペインのパルロ・フェロールへ移籍したFP森岡薫とFP滝田学は、今回の代表には選出されず。今回の遠征では、パルロ・フェロールも日本代表と対戦することになっており、両選手は日本代表の対戦相手として、プレーすることになりそうだ。

 スペイン遠征のなかでは、2月1日にパルロ・フェロール、4日にペスカドス・ルベン・ブレラ、6日にエステオFSと3つの練習試合を行うこととなっている。この遠征後、フットサル日本代表は、2月19日に北海道の北海きたえーるでパラグアイ代表と親善試合を行い、AFCフットサル選手権トルクメニスタン2020に臨むこととなる。その登録メンバー争いにも、非常に重要な意味を持つ遠征になりそうだ。

 以下、スペイン遠征の日本代表招集17名

▽GK
18 篠田 龍馬(名古屋オーシャンズ)
17 檜山 昇吾(シュライカー大阪)
1 関口 優志(名古屋オーシャンズ)

▽FP
11 星  翔太(名古屋オーシャンズ)
14 西谷 良介(名古屋オーシャンズ)
5 皆本  晃(立川・府中アスレティックFC)
8 星  龍太(名古屋オーシャンズ)
7 安藤 良平(名古屋オーシャンズ)
6 吉川 智貴(名古屋オーシャンズ)
12 森村 孝志(ヴォスクオーレ仙台)
16 田村 友貴(シュライカー大阪)
3 室田 祐希(ペスカドーラ町田)
10 逸見勝利ラファエル(SLベンフィカ=ポルトガル)
13 加藤未渚実(シュライカー大阪)
15 八木 聖人(名古屋オーシャンズ)
9 平田ネトアントニオマサノリ(ADフンダオ=ポルトガル)
4 清水和也(コルドバ・パトリモニオ=スペイン)

▼フットサル日本代表グッズは、Shop FutsalXで好評販売中!
https://futsalx.thebase.in/

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社