【高校】ロンドリーナ出身の静岡学園MF草柳祐介、“セグンド”でサッカー選手権初ゴール!

【高校】ロンドリーナ出身の静岡学園MF草柳祐介、“セグンド”でサッカー選手権初ゴール!

[12.31 高校サッカー選手権1回戦 静岡学園 6-0 岡山学芸館 駒沢]

「フットサルは、サッカーの育成に役に立つ」という言葉を証明するようなプレーが、今回の高校サッカー選手権では多く見られるかもしれない。

 複数の『フットサル育ち』の選手たちが高校サッカー選手権のピッチに立っているのだ。もっとも注目したいのは、Fリーグ・ディビジョン1の湘南ベルマーレの下部組織であるP.S.T.C.ロンドリーナ(現S.B.F.C.ロンドリーナ)出身の3選手である。帝京長岡高校の藤尾悠斗、日大藤沢高の成定真生也、そして今回の話の主人公である静岡学園の草柳祐介の3選手だ。彼らは小学生年代からジュニアユースまで、P.S.T.C.ロンドリーナでフットサルとサッカーを並行してプレーしてきた。

 31日に駒沢陸上競技場で行われた1回戦では、静岡学園が岡山学芸館と対戦した。

 静岡学園が岡山学芸館に6-0という大差をつけた一戦で、草柳は4-0で迎えた後半25分から途中出場し、15分間で1得点1アシストという結果を残した。ファーストプレーこそ、相手のパスをカットした直後のドリブルが大きくなってピンチを招いたが、相手のマークを巧みに外しながらパスコースをつくり出してボール回しを円滑にし、ボールを持った時には何度もボールを長い距離にわたって前進させた。

 草柳のプレーは、この試合を観戦した静岡学園OBで、サッカーとフットサル両方の日本代表で戦ったカズの印象にも残っていた。

 高校選手権予選前までは先発だったという草柳だが、選手権の静岡県予選から途中出場になったという。だが、高い確率で相手をポゼッションで上回れそうな静岡学園では、この役割が彼には適任ではないだろうか。相手が守備を固めてきた時、20m×20mハーフという狭いピッチで鍛えた空間をつくり出す能力が存分に発揮されるはずだ。

 初戦を振り返って草柳は、「『いつも通り落ち着いてやろう』と言っていたのですが、最初はみんな固くて『ちょっとヤバいな』という雰囲気もありました。でも、1点入ってからは、トントンと点が入ったので、それで一気にほぐれたかなと思いました。それで一安心という感じでしたね」と、話した。

 この日、ベンチスタートとなった草柳だが、練習では先発組に加わることもあったという。「出る準備はいつも、県大会からしています。チャンスが来たら絶対に点を取ろうと思っていました」と、ベンチにいた時の心境を明かす。後半20分、待ち望んだ出場機会が訪れた。

「4-0だったので、『とにかく自分を出そう』『楽しくやろう』というイメージでした」とピッチに入ったが、ファーストプレーでドリブルが大きくなり、ピンチを招いてしまう。

「ヤバいと思いましたが、いつも通りやれば大丈夫だと思って、そこからは普段通りにできたので良かったかなと思います」

 その言葉通り、最初のプレー後は左サイドや中央に流動的に動き、チャンスを多く演出した。「チームでも左利きはなかなかいません。自分の左足が、静学の一つの特長に挙げられたらいいなと思います」と、自信を口にした。

 プレーからも、フットサルのエッセンスが漂う。彼の決めたゴールは、まさにフットサルの“セグンド”や“ファー詰め”と呼ばれるプレーそのもの。試合後に彼自身も、「サッカーでは『ごっつぁん』と言われますが、フットサルでは『セグンド』と言われる戦術的なプレーで、そのイメージはずっと持っていた」と、胸を張った。

 県予選では、ゴールもアシストもなかったが、この日は15分間のプレーで1ゴール1アシストを記録。ロンドリーナ時代の指導者であった阿久津貴志がスタンドで見守るなか、しっかりと成長した姿を見せた。

 成績表は高校1年からオール5で、すでに早稲田大学への進学も決まっているという草柳は、かつてロンドリーナで一緒にプレーしていた選手たちがFリーグでプレーしていることも刺激になっているという。

「自分の同年代のロンドリーナ出身の選手である薮内(涼也)とか、中澤(航)とかが、Fリーグにも出て活躍しています。彼らをずっと見ていて『自分も負けられないな』という気持ちはずっと持っていました。高校サッカーで結果を残して、負けないようにしようと思います」と、意気込みを語った。

 いずれは彼らと再びFリーグの舞台で……などという期待も持ってしまうが、早大サッカー部からJ入りを目指す草柳は「機会があれば、いろいろなことをやってみたい」と、その道も閉ざさなかった。

「ずっとフットサルをやっていた時は、『サッカーやりたいな』と思っていたのですが、逆にサッカーをやるとフットサルの面白さも見えてきました。意外と『フットサルもやりたいな』と思っているんですよ(笑)。どちらもやって、うまく取り入れられたらいいなと思っています」と、早大入学以降の二刀流の可能性も匂わせた。

 圧倒的な強さを見せ、静岡県勢として実に5年ぶりの初戦突破を果たした静岡学園。今後も、スーパーサブとしてゴールに絡む活躍が期待される草柳のプレーに、ぜひ注目してほしい。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社