【F1】ホーム未勝利に終わった浦安FP加藤竜馬「なんで自分たちのフットサルができないのか、ずっと話していた」

【F1】ホーム未勝利に終わった浦安FP加藤竜馬「なんで自分たちのフットサルができないのか、ずっと話していた」

[12.22 F1第30節 浦安 1-3 仙台 浦安総合]

 バルドラール浦安は22日に行われたFリーグ・ディビジョン1の第30節でヴォスクオーレ仙台に1-3で敗れ、今季のホームゲームを未勝利で終えることとなった。

 試合後、キャプテンのFP加藤竜馬は「率直に力が足りなかったかなというふうに思います。俺自身も『なんでだ?』というのは、すごくあります」と悔しがった。

「すごく良い練習ができているのに、ホームで勝つことができないことで、もどかしい部分もすごくあります。結果がホーム未勝利と出てしまったので、そこはメンタルなのか、選手個人個人が何かを背負いすぎているのか、わかりません。でも、それを乗り越えていかないと、今後の勝利はないと思います」

 浦安市総合体育館では今季10試合を戦い、3分け7敗だった。アウェーや中立地での試合では、9勝11敗という成績を残しており、残りの3節を全勝すれば白星が先行する。この数字を見れば、どれだけホームで苦しんだかはわかるだろう。

 だが、加藤が「何かわからないのですが…。コーチングスタッフともシーズンの半分くらいから話をして、なんで自分たちのフットサルができないのか、ずっと話していました。僕自身も何か入り込み過ぎていたかといえば、そうではありませんし、普段通りのプレーを心がけて、みんなやっていたつもりだと思います。でも、どこかでそういう見えない壁を選手個人個人にあったのかなと思います」と話したように、最後までホームアリーナで自分たちの力を出し切れなかった。

 バルドラール浦安ラス・ボニータスが全日本女子フットサル選手権で初の全国制覇、女子日本リーグのレギュラーシーズンを1位としたこともあり、ホーム最終戦のセレモニーでは、ほとんどブーイングの声も聞かれなかった。

 今週末はプレーオフ進出を争うシュライカー大阪との試合が控えるが、結果を残せず裏切ってしまったファン・サポーターには、ここから勝ち続ける姿を見せていくことしかできない。

「言ったら『(大阪を)プレーオフに行かせない』くらいの気持ちをもって、どれだけの選手ができるかだと思うので。そこはまた来週の練習からしっかりと取り組んでやっていきたいなと思います」

 クラブ史上初のシーズンホーム未勝利という結果を、どれだけ反逆のバネにできるか。

 

 加藤竜馬選手のコメント全文はFutsal Media Noteで。
【F1】「おまえのミスなんて計算済みだ」 浦安を牽引するFP加藤竜馬の思い

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社