【日本代表】茨城合宿を実施、FP石田健太郎、FP中田秀人が初招集! ブルーノ監督は合宿の意図を説明

【日本代表】茨城合宿を実施、FP石田健太郎、FP中田秀人が初招集! ブルーノ監督は合宿の意図を説明

 日本サッカー協会は12日、茨城でフットサル日本代表がトレーニングキャンプを行うことを発表した。

 スペイン遠征にも多くの若手選手を招集したブルーノ・ガルシア監督だが、今回はFP石田健太郎(浦安)、FP中田秀人(すみだ)を初招集するなど、さらに若返りをはかっている。

 当初、この期間ではインドネシアで海外遠征を行う予定で、現地でもその情報が報じられていたが、最終的に話がまとまらなかった。

 スペイン戦後にブルーノ・ガルシア監督は、年内にもう一度活動機会があることを明かし、そのことについて以下のようにコメントしていた。

「日本代表チームの活動はAFCフットサル選手権に近づいていきますが、検討しなければいけないのは、彼らはクラブの代表であり、リーグの代表でもあるということです。リーグは終盤に入り、ここから12月、1月、2月と大事な時期になります。両方が大事な時期に入るなかで、両方が100%の希望を叶え、完全な体制で活動を続けることは難しいでしょう。そのなかで私たちはクラブの事情を配慮する必要があります。次の活動に招集されるメンバーが、必ずしも直結してAFCフットサル選手権に出場するということではありません。でも、それが全く関係ないわけではなく、そこでチャンスをつかむ選手がいないとも限りません。ただし、今回のメンバーで、そのまま活動ができるかといえば、それはわからない状況です」

 実際に招集されたメンバーを見ると、初招集の2人を含め、若手が多くなっている。ブルーノ監督の言葉からも、リーグ戦も佳境を迎えていることから、各クラブ上限3名までという制限があったものとみられる。

 いずれにせよ、チャンスを得た選手たちがブルーノ監督のリストに入っていることだけは間違いない。スペイン遠征で2連敗を喫したチームに、新たな風を吹かせる選手が出てくるか。注目の合宿になりそうだ。

 茨城合宿の招集メンバーは以下の通り

▽GK
ピレス・イゴール(ペスカドーラ町田)
関口 優志(名古屋オーシャンズ)
坂 桂輔(エスポラーダ北海)

▽FP
皆本 晃(立川・府中アスレティックFC)
森 洸(バサジィ大分)
芝野 創太(バサジィ大分)
吉川 智貴(名古屋オーシャンズ)
田口 元気(フウガドールすみだ)
内村 俊太(湘南ベルマーレ)
森村 孝志(ヴォスクオーレ仙台)
田村 友貴(シュライカー大阪)
室田 祐希(ペスカドーラ町田)
小門 勇太(バサジィ大分)
加藤 未渚実(シュライカー大阪)
堀米 将太(エスポラーダ北海道)
八木 聖人(名古屋オーシャンズ)
新井 裕生(立川・府中アスレティックFC)
石田 健太郎(バルドラール浦安)*
中田 秀人(フウガドールすみだ)*

*=初招集

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社