【AFC選手権】2大会ぶりW杯出場を目指す日本の予選リーグ対戦国が決定! 因縁のキルギスとの試合も!

【AFC選手権】2大会ぶりW杯出場を目指す日本の予選リーグ対戦国が決定! 因縁のキルギスとの試合も!

 AFCは6日、AFCフットサル選手権トルクメニスタン2020の組み合わせ抽選会を行った。日本はレバノン、キルギス、クウェートとともにグループBに入っている。

 日本は開催国のトルクメニスタン、前回王者のイラン、ウズベキスタンとともにポット1に振り分けられ、グループAに入ることが決まっていたトルクメニスタンの次に抽選され、グループBに入った。

 大会連覇を目指すイランは、強豪タイ、心境著しいサウジアラビアとともにグループDに入っている。元日本代表FP高橋健介監督が率いるインドネシア代表は、ウズベキスタン、バーレーン、中国と同グループに入り、同国史上初となるフットサルW杯出場を目指す。

 抽選の結果は下記の通り
【グループA
トルクメニスタン
ベトナム
タジキスタン
オマーン

【グループB
日本
レバノン
キルギス
クウェート

【グループC
ウズベキスタン
バーレーン
中国
インドネシア

【グループD
イラン
タイ
韓国
サウジアラビア

 FIFAフットサルW杯リトアニア2020の予選を兼ねる今回のAFCフットサル選手権トルクメニスタン2020は、2月下旬から3月上旬にかけて開催される予定となっており、大会スケジュールは2月26日から3月8日までとなっている。

 前回のW杯予選を兼ねたAFCフットサル選手権ウズベキスタン2016では、準々決勝でベトナムにPK戦の末に敗れ、順位決定戦でもキルギスに大敗し、フットサルW杯連続出場記録は3で途絶えた。今回も5カ国がフットサルW杯への出場権を獲得する。

 あの屈辱から4年、いよいよフットサル日本代表が威信を取り戻す戦いが始まる。

▼AFCフットサル選手権 抽選会ハイライト動画 AFC

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社