【親善試合】中心3選手を欠くなかで、ブルーノ監督が求めるもの「この状況をプラスに変えていく」

【親善試合】中心3選手を欠くなかで、ブルーノ監督が求めるもの「この状況をプラスに変えていく」

[12.2 国際親善試合 日本 0-3 スペイン マドリード]

 フットサル日本代表は2日に行われた国際親善試合で、スペイン代表に0-3で敗れた。

 強豪のスペインを相手に善戦した日本だったが、前半の終了間際に第2PKから1失点。後半も相手の圧力に耐えながら戦ったが、さらに2失点を喫して0-3というスコアになった。

 今回の日本代表は、FP森岡薫、FP星翔太、FP滝田学、FP仁部屋和弘と、これまでの常連選手が外れたことでも注目を集めた。しかし、FP逸見勝利ラファエルとFP清水和也は負傷により試合に出場ができず、逸見は合流も見送られることとなった。さらにキャプテンのFP吉川智貴もAFC年間最優秀選手賞の受賞のために合宿を離脱と、中心選手を欠くこととなった。

 試合後、ブルーノ・ガルシア監督は、「向こうの最大の武器であるセットプレーを止めることができた」ことなど、この試合でいくつかのポジティブな面があったことを強調しつつ、3選手がいない状況を生かす必要性を口にした。

 3選手の不在について、「チームにとって、中核も、中核の選手が3人いないダメージはもちろん大きいです。もしスペイン代表も中核の3選手がいなくなれば、ものすごいダメージでしょう」と話しつつも、ブルーノ・ガルシア監督は、この状況をポジティブなチーム強化の機会に捉えて活動をしてきたと強調する。

「こういうパワーバランスのある(スペインという)相手に対して、3選手の離脱が起きたことは痛手ですが、私たちのマインドとしては、選手を失い、対応できない状況を惜しむよりは、そこを生かして何ができるか。これを穴埋めするために最適なのは何か。同時にこの状況をプラスに変えていくことに頭を持っていくことを、この1週間やっています。それを明日、またやっていきたいと思います」

 ブルーノ監督を筆頭とする日本代表コーチングスタッフの修正力の高さは、国内で行われたタイ代表戦などでも証明済み。ブルーノ監督も「明日は、もっと良い戦いができると思う」と明言しているだけに、世界最高峰の相手にどんな戦いを見せられるか注目だ。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社