【親善試合】日本は第1戦、3失点を喫してスペインに敗れる

【親善試合】日本は第1戦、3失点を喫してスペインに敗れる

[12.2 国際親善試合 日本 0-3 スペイン マドリード]

 フットサル日本代表は2日、スペインのマドリードでフットサルスペイン代表と国際親善試合を行った。過去2度のフットサルワールドカップ優勝を果たしているスペインに対し、日本はアウェーで挑むこととなった。

 日本の先発はGK関口優志、FP安藤良平、FP平田ネトアントニオマサノリ、FP加藤未渚実、FP西谷良介。リーグ戦のあったFP逸見勝利ラファエルはこの試合に間に合わず。また、AFCアニュアルアワーズに出席したFP吉川智貴が不在、FP清水和也が負傷という状況だった。

 立ち上がり、日本は2分にFPラウール・カンポスに強烈なシュートを打たれるが、GK関口がゴールを守る。その直後には安藤がスペインのゴールにシュートを放つが、GKに阻まれた。

 序盤は両チームが互いにシュートを打ち合う展開となる。日本はセカンドセットにFP皆本晃、FP八木聖人、FP室田祐希、FP森村孝志を起用。サードセットには、FP田村友貴、FP森洸、FP内村俊太、FP芝野創太という組み合わせで戦う。

 スペインに押し込まれる時間帯が長くなりながらも、何とかゴール前で踏ん張りを見せていた日本だが、西谷や森が背後を取られかけてファウルで相手を止める場面もあり、徐々にファウルカウントが重なる。

 前半11分に皆本のファウルでファウルカウントが5つとなった日本に対し、スペインは圧力を強める。それでも流れのなか、セットプレーの攻撃をしのいでいた日本だったが、16分には第2PKを与えてしまう。GKピレス・イゴールがGK関口に代わってゴールを守った日本は、FPロサーノのシュートが枠を外れて失点を免れる。

 その後も全員で体を張って守り、耐えていた日本だったが、前半終了まで残り1分を与えた時点で再び第2PKを与えてしまう。これをロサーノに決められ、日本は1点ビハインドで前半を終えた。

 日本は後半、GKをイゴールに変える。ハーフからの守備を敷いて、ボールを奪ってからの速攻を仕掛けようとする。4分には、森村へ対角線のロングボールが通り、そのお年を受けた皆本がシュートを放つが、GKに阻まれた。

 スペインも日本が前に出てくると、精度の高い速攻を仕掛け、5分にはループシュートが日本のクロスバーを叩く。6分には再び日本も攻め込み、田村がゴールを狙ったが、シュートはGKに防がれた。7分にも日本は速攻から皆本が西谷へパスを送ったが、シュートを決めきれなかった。

 日本とスペイン、両国がチャンスを作りあう展開のなか、この試合2つ目のゴールを奪ったのはスペインだった。後半12分、CKからロサーノがボレーを放つ。これをゴール前でFPアドリがヘッドで合わせ、スペインがリードを2点に広げた。

 2点を追う日本は、後半15分に再び5ファウルをしてしまう。16分からは皆本をGKにしてパワープレーを開始。皆本のパスがゴール前を横切るなど、あと一歩のところまで迫るが、なかなか得点を決めきれない。

 終盤はスペインのボール回しに対して、古コートプレスをかけたがボールを奪えず、攻撃に移るのに時間がかかった。試合時間残り14秒では、底辺で室田がボールを奪われ、無人のゴールにシュートを決められる。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社