【選手権】大学王者多摩大が昨年のリベンジ!  2大会連続全国出場のすみだバッファローズに逆転勝利!

【選手権】大学王者多摩大が昨年のリベンジ!  2大会連続全国出場のすみだバッファローズに逆転勝利!

[11.23 選手権都大会1回戦多摩大 4-3 すみだバッファローズ 八王子]

 第25回全日本フットサル選手権東京都決勝大会1回戦が23日にエスフォルテアリーナ八王子のサブアリーナで開催された。第2試合では多摩大学とフウガドールすみだバッファローズが対戦している。

 2大会連続で本大会まで勝ち進んでいるすみだバッファローズと大学選手権で初優勝を遂げた多摩大の注目の一戦。試合は前半、すみだバッファローズがFP大薗諒とFP宮川大史のゴールで2点をリードして折り返す。

 後半開始1分、多摩大は右サイドから仕掛け、最後はキャプテンのFP南雲颯太がゴールを決めて1点差に詰め寄った。さらに3分には左サイドからFP荒木辰文がシュートを決めて、2-2の同点に追いついた。

 その後も多摩大は4分に高い位置でボールを奪った南雲がゴールを狙ったが、シュートはGK太田圭に防がれる。すみだバッファローズも5分に右サイドからFP村上拓也が仕掛けたが、シュート性のボールはラインを割った。

 後半8分、多摩大はFP松山尚樹が倒されてFKを得る。このFKは防がれたが、CKからのシュートをFP木村芳之がゴールに突き刺し、逆転に成功した。さらにその1分後にも、ゴール前のこぼれ球をFP石井宗人が決めて4-2とリードを広げた。その後も多摩大がチャンスをつくる展開が続くが、11分に石井が放ったシュートは右に外れていく。

 苦しい時間帯を迎えたすみだバッファローズだが、CKから宮川がこの試合2点目のゴールを決め、1点差に戻した。これで流れを取り戻したすみだバッファローズは、後半13分にもカウンターからチャンスをつくるが、シュートはゴールラインを割る前にクリアーされる。

 しかし残り6分42秒、すみだバッファローズは高い位置で大薗がファウルをし、チームの累積ファウルが5つを数える。後半17分には多摩大が攻め込み、ゴール前に迫ったが、今度は大薗がラインを割る目前でクリアーする。直後にも多摩大は右足度からの折り返しを受けた石井が飛び込み1タッチシュートで合わせたが、ボールはクロスバーの上を通過した。17分にも多摩大はチャンスをつくるが、石井のシュートは立て続けにGK太田に止められた。

 多摩大の攻撃を凌いだすみだバッファローズはパワープレーを開始。しかし、最後まで得点を奪うことはできずにタイムアップ。多摩大が4-3ですみだバッファローズに勝利し、昨年大会の借りを返している。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社