【選手権】「Fの頂」は終わらない! 残り14秒の劇的決勝点でFC NAKAIが2回戦へ!!

【選手権】「Fの頂」は終わらない! 残り14秒の劇的決勝点でFC NAKAIが2回戦へ!!

[11.23 選手権都大会1回戦 Neo 1-2 FC NAKAI 八王子]

 第25回全日本フットサル選手権東京都決勝大会1回戦が23日にエスフォルテアリーナ八王子のサブアリーナで開催された。第2試合ではNeoとFC NAKAIが対戦している。

 最初のビッグチャンスは1分、NeoのFP小坂雅和が強烈なシュートを放つ。GKが弾いたところにFP伊賀稜馬が詰めたが、シュートを左に外して決めきれなかった。その後もNeoが押し込む展開が続く。

 なかなか前方にボールを入れられないFC NAKAIはFP石関聖が距離のある位置からシュートを放つが、大きく枠を外れていった。6分にはパスカットしたFP伊藤広樹の縦パスをゴール前でFP中井健介が合わせ、1タッチシュートでゴールを狙うが、GKに防がれる。続くCKからもチャンスをつくったが、FP前田曜のシュートはポストに嫌われた。

 このピンチを凌いだNeoも、直後に攻め込みFP小貫竜一が決定的なシュートを放つが、左に逸れていった。

 Neoはピヴォの小坂、FP長谷井翔太にボールを入れようとし、FC NAKAIは縦パスをカットしてカウンターを狙う展開となる。10分、Neoは小坂が左サイドに流れ、そこでボールを受けると中井をかわして縦に仕掛ける。石関を引き出したところで、ファーポスト前に速いボールを送ったが、伊賀が詰められずにチャンスを生かせなかった。11分には、石関が個人技からシュートを放つが、GKに防がれる。これで得たCKから石関が放ったシュートはサイドネットに外れた。

 14分には再びFC NAKAIがCKからチャンスをつくるが、FP及川晧平のシュートはまたもポストに当たって得点が決まらない。前半残り3分13秒、FC NAKAIはファウル数が5つになる。18分、FC NAKAIはCKから中井がボレーシュートを放つが、これはGKに防がれる。19分にはFP乾達朗が左足でシュートを放つが、これもサイドネットに外れた。

 19分、FC NAKAIに最大の決定機が訪れる。左サイドから仕掛けた石関がゴール前に入れたボールが乾に通る。乾はシュートを放ったが、GKに阻まれてしまう。そして、このCKを凌いだNeoは仁藤がカウンターに転じる。こぼれ球に反応した仁藤にFC NAKAIもGKを含めて対応したが、密集のなかからボールが仁藤の前にこぼれる。無人のFC NAKAIのゴールに仁藤がシュートを決め、Neoが1点を先制した。

 残りの時間、FC NAKAIも反撃を見せたが、得点は動かず。前半は1-0とNeoがリードして終了している。

 後半1分、FC NAKAIはCKから中井がボレーシュートを放つが、GKに防がれる。直後にも、石関のシュートパスにFP古寺航が合わせたが、得点を決めきれない。1点を追うFC NAKAIがボールを保持する時間が長くなる。

 その後もセットプレーからシュートを打ち込むFC NAKAIだが、Neoもゴール前に人数をかけて守るため、その壁を破れない。それでも石関がゴール前に入れたボールに、古寺が合わせるなど、何度かあと一歩のところまで迫っていく。

 5分にはNeoのFP田口雄大がカウンターからチャンスを得るが、シュートは石関にブロックされる。逆にFC NAKAIも相手の裏を取った中井がチャンスを得たが、シュートを決めきれない。その後、FC NAKAIが押し込む展開になり、石関が個の力でチャンスをつくるが、ゴール前のパスに対してNeoの反応も早く、フィニッシュが打ちきれない。

 FC NAKAIは一時的にベンチで石関を休ませる。その間もNeoを相手に攻め込むが、決定機はつくりきれない。後半9分にはピッチに戻った石関が、CKからミドルシュートを放つがクロスバーを叩く。追加点を狙うNeoの攻撃を凌ぎ、FC NAKAIは10分に左サイドを中井が突破。ゴール前に入れたボールに石関がファー詰めで合わせたが、ボールを枠に飛ばせない。

 FC NAKAIは中井をフィクソに落とし、石関をピヴォの位置に上げる。ピヴォに入った石関は、いきなり鋭い反転シュートを枠に飛ばしたが、GKの正面を突いた。石関が前に入り、攻撃の基準点をつくれるようになったFC NAKAIだが、Neoも石関のところに人を割き、簡単にはチャンスをつくらせない。

 後半13分、FC NAKAIは相手のカウンターに対応した中井が腰を打つが、プレーは続行できた。Neoは攻撃を仕掛けると、相手GKが弾いたシュートを小坂が中央に折り返す。これを小貫がゴールに押し込んだが、小坂の折り返し前にボールは出ていたと判定される。この直後のCKを防いだFC NAKAIは右サイドを伊藤が突破。ゴール前に入れたボールを中井がゴールに決めて、1-1の同点に追いついた。

 Neoはすぐにタイムアウトを取ったが、追いついたFC NAKAIの攻勢の時間帯が続く。17分には中井が足をつり、サイドで背後を取られる。FP金崎勇磨がシュートを放ったが、GK菊池駿がシュートを弾き、ゴールを守り抜いた。

 後半17分にはNeoが左サイドを崩し、中央に折り返す。このボールが密集に当たってゴールに飛んだが、GK菊池が弾き出し、ゴールを死守した。同19分にもNeoは、右サイドでフリーになったFP楠木隆良がシュートを放つが、わずかに左に外れていった。

 後半20分には古寺がシュートを放つが、これもクロスバーを叩く。こぼれ球に自ら詰めたがGKにキャッチされた。延長突入前に決着をつけたいFC NAKAIに対し、Neoも付き合ってしまい、速攻の打ち合いになる。そしてラスト14秒、中井がシュートを決めてついにFC NAKAIが逆転した。

 このまま試合は2-1で終了。FC NAKAIが2回戦に勝ち上がっている。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社