【コパ・イタリア】FP大徳政博が移籍後初ゴール! リーグ戦で出遅れているレッジオ・エミリアは3回戦で敗退

【コパ・イタリア】FP大徳政博が移籍後初ゴール! リーグ戦で出遅れているレッジオ・エミリアは3回戦で敗退

 日本人FP大徳政博の所属するセリエA2のレッジオ・エミリアは5日、コパ・イタリア3回戦で、セリエACAME C5と対戦した。レッジオ・エミリアは1-4で敗れたが、大徳がイタリア移籍後、公式戦初ゴールを決めている。

 日本代表入りを目指してイタリアへ渡った大徳の初ゴールが生まれたのは、4点のリードを追いかける後半だった。斜めのパスを受けると、GKとの11を制し、右足でゴールを決めて1点を返した。この場面以外にも、前半から大徳が入っている時間には多くのチャンスができており、イタリアでも存在感を高めている。

▼ハイライト動画はコチラ

https://www.facebook.com/olimpiaregium.it/videos/2532601770151228/

 この試合に敗れたレッジオ・エミリアは、3回戦でコパ・イタリアから姿を消すこととなった。また、リーグ戦も6節を終えて11分け4敗、14チーム中11位と出遅れている。

 

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社