【日本代表】韓国戦へ向けた前日練習を実施 定位置攻撃の確認などを行う

【日本代表】韓国戦へ向けた前日練習を実施 定位置攻撃の確認などを行う

 22日のマカオ戦に172と大勝した日本代表は、一夜明けた23日、翌24日の韓国代表戦に向けて始動した。10時に会場のオルドス・スポーツ・アリーナに集まったチームは、全14選手が約1時間半にわたって汗を流し、AFCフットサル選手権トルクメニスタン2020の出場権獲得がかかる一戦に準備した。なお、練習はメディアに完全公開で行われた。

 練習の冒頭でブルーノ・ガルシア監督は、この日に行うトレーニングメニューを説明したのち、フィニッシュについて言及。ゴールマウスを捉えられなかったシュートの本数が気になったようで、「偶然のゴールというものはない。まずは枠を狙おう。そして、低いシュートの方がこぼれ球を生みやすく、ゴールにつながりやすい」と、説明した。

 選手たちはウォーミングアップを行い、最後には合宿最終日に恒例となっているペラドンも行われた。白熱したペラドンは、FP仁部屋和弘のゴールでビブスなしチームが勝利した。

▼勝利チームの集合写真はこちら。
20191023234702.jpg

 

 アップ終了後は、31の攻撃、キックインからフィニッシュに持っていく形、ピヴォが下りてきて40になった状態からの攻撃などの定位置攻撃の形の確認が行われた。その際の組み合わせは下記の通り。

桃 滝田、加藤、仁部屋、森岡
灰 皆本、森村、室田、清水
黄 安藤、西谷、吉川、星

 続いて上記のセット分けのまま、コーナーキックの回数が多くなるようにデザインされたハーフコートでのゲームを実施。セットプレーの攻撃と守備の確認を行った。最後には第2PKの練習が行われ、森岡、森村、加藤がイゴール、関口に1本ずつシュート。森岡と森村は各1本、加藤は2本のシュートを決めきった。

 その後、クールダウンをして練習は終了している。

日本サッカー協会公認フットサル日本代表グッズのお求めは Shop FutsalXまで!20191019134235.jpg

 

 

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社