【F1】開始9秒で失点の北海道、2300人超えのアリーナで3点ビハインドから大阪に逆転で今季5勝目!

【F1】開始9秒で失点の北海道、2300人超えのアリーナで3点ビハインドから大阪に逆転で今季5勝目!

10.13 F122節 北海道 5-3 大阪 北海きたえーる 2,354人]

 Fリーグ・ディビジョン113日、第22節の1試合を行った。2,354人の観衆を集めた北海きたえーるで、エスポラーダ北海道とシュライカー大阪が対戦している。

 試合はいきなり動く。開始9秒、ブラジル人FPアルトゥールのゴールで大阪が先制点を挙げる。さらに7分には元日本代表FP前鈍内マティアスエルナンが追加点を挙げて、リードを広げると、同12分には日本代表FP田村友貴も得点を決め、3-0とリードを広げた。

 かみすセントラルで名古屋(△3-3)と大分(〇4-1)という今季の2強と11分けで終え、リーグ戦6戦無敗(51分け)で3位の大阪を相手に大きなビハインドを負った北海道だが、ここから意地を見せる。

 前半13分にはFP佐藤明生が1点を返すと、後半2分には元U-20日本代表FP木村優太もゴールを決める。そして後半6分には、FP和田拳斗のゴールで3-3の同点に追いついた。

 こうなると北海道の勢いは止まらない。後半8分にもオウンゴールで逆転すると、後半13分にFP水上玄太が今季10点目のゴールを決める。さらに同17分にはFP内田洸介もゴールを決めて6-3で勝利した。

 北海道は4日に行った長野戦(〇7-3)以来、2試合ぶりの勝利で今シーズン5勝目を挙げている。

 

■シュライカー大阪のアカウントが公開している動画ハイライト

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社