【F1】中村充がハットトリックの町田、仙台を下して4位に浮上

【F1】中村充がハットトリックの町田、仙台を下して4位に浮上

10.6 F121節 仙台 2-7 町田 かみす 306人]

 Fリーグ・ディビジョン16日、第21節の5試合をかみす防災アリーナで行い、第4試合ではヴォスクオーレ仙台とペスカドーラ町田が対戦した。

 序盤から攻勢の町田は、前半2分にFPクレパウジ・ヴィニシウスのFKから日本代表FP室田祐希がシュートを放つ。一度はGK柿原聡一朗に阻まれたが、これを自ら押し込み同点に追いついた。町田は同10分にもヴィニシウスのCKから、日本代表FP森岡薫がゴールを決めて仙台を引き離す。さらに13分にもセットプレーからFP横江怜がゴールを決めた。

 前半15分には元U-20日本代表FP中村充が浮き球をダイレクトボレーでゴールに突き刺すと、その直後にも自身2点目となる得点を挙げて、前半を5-0で折り返した。

 後半の立ち上がりには、仙台も日本代表FP森村孝志が3試合連続となるゴールで1点を返すが、町田の勢いは止められない。森村がパワープレーを仕掛けた仙台に対し、後半16分には中村がハットトリック達成となるゴールを決める。その直後には、元U-20日本代表FP伊藤圭汰がゴールを決め、7-1とした。

 仙台もパワープレーからFP田村研人がチーム2点目のゴールを決めたが、このまま試合は終了。勝利した町田が、フウガドールすみだを抜き、4位に浮上している。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社