【F1】7ゴールを挙げた大分が仙台に快勝

【F1】7ゴールを挙げた大分が仙台に快勝

[10.5 F1第20節 大分 7-2 仙台 かみす防災 744人]

 Fリーグ・ディビジョン1は5日に第20節の5試合を行った。第1試合ではバサジィ大分とヴォスクオーレ仙台が対戦している。

 現在2位のバサジィ大分は、前半3分に元日本代表FP山田ラファエル・ユウゴのゴールで1点を先制する。週中にキャプテンのFP堀内迪弥の大阪移籍が発表された仙台も8分に日本代表FP森村孝志がドリブルから同点ゴールを決め、同点に追いついた。

 大分は10分にFP田村龍太郎のパスを受けた日本代表FP森洸がゴールを決めて、2-1と再びリードする。さらに18分にも田村龍の折り返しをFP小門勇太がゴールに押し込み、前半を3-1とリードして折り返した。

 大分は、後半開始早々にもFPレイチが得点を決めると、後半5分にはFPヴィトンも追加点を決める。仙台もFP田村研人が1点を返すが、大分の勢いは止まらない。同9分に田村龍、同11分に山田のこの試合2点目で7-2とした。

 仙台も終盤にパワープレーを開始。PKを獲得して森村がシュートを放ったが、GK石黒紘久に防がれて得点はできない。結局、このまま試合は終了し、大分が7-2で勝利している。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社