【F1】仙台のキャプテンでもある日本代表FP堀内迪弥が大阪へ完全移籍「移籍するタイミングだと思い、決断しました」

【F1】仙台のキャプテンでもある日本代表FP堀内迪弥が大阪へ完全移籍「移籍するタイミングだと思い、決断しました」

 シュライカー大阪は2日、クラブの公式HPで日本代表FP堀内迪弥がヴォスクオーレ仙台からへ完全移籍で加入することを発表した。

 2016シーズン途中に大阪から仙台へ移籍していた堀内は、Fリーグ2018-19シーズンで25得点を記録。日本人最多得点選手となるなど、東北の地で大きく飛躍していた。

 クラブの公式HPで堀内は「シーズン途中でありますが、シュライカー大阪に移籍する決断を致しました。後半戦の大事な時期での移籍となりますが、しっかりと結果を残しタイトル獲得に貢献できるよう頑張ります」と、意気込みを語っている。

 また、仙台の広報を通じて「シーズン途中ではありますが、自分の中で移籍するタイミングだと思い、決断しました。3年間仙台で経験できたことは全て、今後に活かしていきたいです。本当にありがとうございました」と、挨拶している。

 なお、大阪のHPでは、堀内の背番号が7になることが合わせて発表されている。

 以下、大阪発表の選手プロフィール
●堀内迪弥
ほりうち みちや
■背番号
7(仙台では13)
■ポジション
FP
■出身
滋賀県
■生年月日
1993年1月15日
■身長/体重
177cm/71kg

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社