【U-20日本代表】AFC U-20フットサル選手権2021を目指すチームの監督に木暮賢一郎氏が就任!!

【U-20日本代表】AFC U-20フットサル選手権2021を目指すチームの監督に木暮賢一郎氏が就任!!

 日本サッカー協会は12日、第8回理事会を行い、2019年のナショナルコーチングスタッフ体制が発表された。フットサル日本代表、フットサル日本女子代表に関しては、これまで通り、ブルーノ・ガルシア監督、木暮賢一郎監督がチームを率いることとなったが、U-20フットサル日本代表は、監督が変更となっている。

 U-20フットサル日本代表は、2016年から鈴木隆二氏がチームを率いていたが、AFC U-20フットサル選手権イラン2019でチームを優勝に導き、退任することになったようだ。

 AFC U-20フットサル選手権2021を目指すU-20日本代表の監督には、新たに木暮賢一郎氏が就任した。木暮氏は、女子代表監督、U-20日本代表監督を務めつつ、日本代表のコーチも務める。

 木暮氏は、2018年にU-18女子フットサル日本代表を率いて、ブエノスアイレスで行われた第3回ユース・オリンピックでチームを銀メダルに導いた。Fリーグでも、シュライカー大阪を率いて名古屋オーシャンズの10連覇を阻止するなど、代表、クラブの両方で結果を残している。今回、世代別の代表チームを率いて、どんな結果を残すか期待が集まる。

 なお、U-20フットサル日本代表を退任した鈴木氏は、フットサル日本代表のコーチは継続して行うため、今後もナショナルコーチングスタッフとしての職務を全うする。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社