【F1】浦安戦で負傷の立川・府中FPジョーは全治8カ月、「来シーズン、万全の状態で…」

【F1】浦安戦で負傷の立川・府中FPジョーは全治8カ月、「来シーズン、万全の状態で…」

 立川・府中アスレティックFCは6日、クラブの公式HPで9月1日に行われたFリーグ・ディビジョン1第15節のバルドラール浦安戦で負傷したFPジョーの診断結果を発表した。

 ジョーは浦安戦で先制ゴールを記録後、前半のうちに負傷。その後、プレーを再開することはできず、試合後は右ひざを固定して、松葉杖をついた状態だった。6日に八王子市内の病院で検査を行った結果、前十字靭帯損傷により、全治8カ月の見込みだという。

 今季のFリーグ・ディビジョン1で、ジョーはチームトップとなる11得点を記録していた。山田マルコス勇慈監督が就任し、浦安戦ではようやく開幕戦以来、選手全員がそろった状態となっていた立川・府中だが、貴重な得点源が今季中の復帰は絶望という状況になっている。

 クラブを通じてジョーは、「9月1日の試合中に怪我をしてしまいました。残念ながら手術をしなくてはいけなくなり、近々チームを離れることになります。今後はできる限りピッチ外でもチームに貢献できるように頑張りたいと思いますので引き続き応援よろしくお願いします。そしてチームへのご支援を引き続きよろしくお願いします。来シーズン、万全の状態でアスレに戻り、これまで以上にたくさんゴールを決められるように頑張ります」と、コメントを発表している。

 ジョーが離脱したクラブだが、第16節の湘南ベルマーレ戦では元日本代表FP渡邉知晃の2ゴールの活躍もあり、3-2で勝利して勝ち点3を獲得。翌日の第17節・エスポラーダ北海道戦では、3-3で引き分けた。

 ジョーの負傷には、チームメートや谷本俊介前監督、クラブスタッフも、SNSでメッセージを送っている。

 チームは湘南戦後に寄せ書きを行い、ブラジルへ帰国して治療することになるジョーへ、寄せ書きを送ったようだ。ジョーの1日も早い復帰を願いたい。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社