【F1】監督退任の仙台、外国籍選手のアランギタヒも退団 「チームの今後の幸運を祈っています」

【F1】監督退任の仙台、外国籍選手のアランギタヒも退団 「チームの今後の幸運を祈っています」

 ヴォスクオーレ仙台は29日、クラブの公式HPでブラジル人FPアランギタヒが退団したことを発表した。

 アランギタヒは201819シーズンに仙台に加入し、22試合5得点を記録。今シーズンも8試合に出場して1得点を挙げていた。また、全日本フットサル選手権では、史上初の4強進出に貢献している。

 クラブを通じてアランギタヒは、「日本でプレーできたことは、とても偉大な経験でした。多くのことを学びました。日本に来る機会を与えていただき、ヴォスクオーレ仙台に、僕を応援してくれた全ての人に感謝します。またチームの今後の幸運を祈っています」と、コメントを発表している。

 すでに13日には、ホセ・フェルナンデス監督やコーチングスタッフ2名の退任も発表していた仙台だが、今度は外国籍選手の退団が発表された。

以下、クラブ発表の選手プロフィール

●アランギタヒ
ALAN GITAHY BRANDAO
■背番号
12
■生年月日
1996
827日生
■出身
ブラジル
■成績
DUARIG F
リーグ2018/2019 ディビジョン1  22試合出場5得点

Fリーグ2019/2020 ディビジョン1 8試合出場1得点

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社