【F1】長野がF1初ゴールを決めたFP伊藤広樹の退団を発表 「新しいチャレンジをしたい」

【F1】長野がF1初ゴールを決めたFP伊藤広樹の退団を発表 「新しいチャレンジをしたい」

 Fリーグ・ディビジョン1のボアルース長野は27日、FP伊藤広樹が退団することを発表した。伊藤は長野でキャリアをスタートさせ、湘南ベルマーレ、ヴォスクオーレ仙台を経て、2018-19シーズンに当時Fリーグ・ディビジョン2の長野に復帰した。昨シーズンは、チームのF1昇格に貢献している。

 伊藤は今季の開幕戦となったバルドラール浦安戦(×2-5)でクラブのF1初ゴールを記録していた。しかし、第10節のFリーグ選抜戦(×1-3)に出場したのを最後に、第11節から第14節までベンチ入りメンバーから外れていた。

 クラブを通じて伊藤は、「この度、シーズン途中ではありますが、ボアルース長野を退団する事を決めました」と退団を発表。そして、「チームが苦しい状況の中、この様な決断をした事に申し訳ない気持ちですが、新しいチャレンジをしたいと思います」と、最下位のチームを離れる決断を下したことを謝罪している。

 チームの初昇格に携われたことは、大きな喜びだったようで、「F 2リーグを優勝し入替戦に勝利した瞬間は、自分の人生においても特別に幸せな瞬間でした。その興奮と歓喜をチームメイト、クラブ関係者、応援してくださる皆様と味わえた事はこの先も忘れる事は無いと思います。1年半と短い間ではありましたが本当にありがとございました!」と、コメントを結んでいる。

以下、クラブ発表の選手プロフィール
●伊藤広樹
(いとうひろき)
■生年月日
1991
626日(28歳)
■ポジション
アラ
■出身地
長野県
■身長/体重
172
㎝/70Kg
■所属チーム経歴
ボアルース長野湘南ベルマーレフットサルクラブヴォスクオーレ仙台ボアルース長野

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社