【F2】浜松が横浜に敗れて4位に転落 北九州はFP清水誠也のハットなどで快勝!

【F2】浜松が横浜に敗れて4位に転落 北九州はFP清水誠也のハットなどで快勝!

 Fリーグ・ディビジョン2は824日(土)、25日(日)に第5節の4試合を行った。4連勝中で首位に立つY.S.C.C.横浜と3位のアグレミーナ浜松の注目の一戦は、内容の濃い一戦となった。

 24日には3試合が行われた。兵庫県立総合体育館で行われた7位のデウソン神戸と4位のトルエーラ柏の一戦は、FP柴田祐輔のゴールなどで、柏が2点を先行する。その後、1点を返されたものの前半は31と柏がリードして折り返した。後半も得点を重ねる柏は、柴田の2点目、元U-20日本代表FP樋口岳志のゴールで神戸を突き放す。神戸もFP藤川朋樹のゴールで1点を返すが、柏は磯崎良太、北丈純のゴールを加え、72と大勝している。

 横浜と浜松の上位対決は、1点を巡る好ゲームとなった。この試合、唯一のゴールが決まったのは前半19分。横浜のFP樋口未樹也が4試合連続のゴールを決めて、横浜がリードした。その後、神戸の反撃を抑えて10で勝利。勝ち点を「15」に伸ばし、首位の座をしっかりキープしている。

 5位の広島エフ・ドゥは6位のヴィンセドール白山と対戦した。前半3分にFP冨廣洋平のゴールで先制した広島は、7分にもFP武田侑也のゴールでリードを広げる。後半15分には白山のFP渡邊一城に1点を返されるが、後半18分、19分にはFP三島光太郎が連続でゴールを決め、41と勝利を収めている。

 25日には8位のポルセイド浜田と2位のボルクバレット北九州が対戦した。27日が誕生日の北九州FP清水誠也が24歳のラストマッチで躍動した。FP田口友也のゴールで先制し、10で迎えた後半、清水はファーストゴールを決める。その後1点を返されたが、自身の1点目の2分後に2点目を記録。さらにその12秒後に3点目を決め、わずか106秒で3点を挙げる離れ業を見せた。後半13分にもFP小林謙太がゴールを決めた北九州は、51で勝利し、横浜を追走している。

Fリーグ2019/2020 ディビジョン2≫
▼△▼△▼△▼   試合結果   ▼△▼△▼△▼
<第5節>    ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 
 神戸 27 柏 / 横浜 10 浜松
 広島 41 白山 / 浜田 15 北九州

▼△▼△▼△▼    順位表    ▼△▼△▼△▼
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
→ 1位 横浜(勝点15/得失点差+27
 ======= F1昇格 =======
→ 2位 北九州(勝点12/得失点差+16
 ======= 入替戦 =======
↑ 3位 柏(勝点9/得失点差+10
↓ 4位 浜松(勝点9/得失点差+6
→ 5位 広島(勝点9/得失点差+1
→ 6位 白山(勝点4/得失点差-16
→ 7位 神戸(勝点1/得失点差-15
→ 8位 浜田(勝点0/得失点差-29

▼△▼△▼△▼   試合予定   ▼△▼△▼△▼
         ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
▽第6節対戦カード(831日、9月1日)
831日(土)
 16:00 柏市沼南 柏 vs 横浜
 18:00 北九州 北九州 vs 神戸
91日(日)
 14:00 松任 白山 vs 浜松
 14:30 島根 浜田 vs 広島

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社