【大学選手権】FP夘都木滉太のバースデー弾で北海道大が東北大を破り、同校史上最高位となる3位に

【大学選手権】FP夘都木滉太のバースデー弾で北海道大が東北大を破り、同校史上最高位となる3位に

[8.25 大学選手権3位決定戦 北海道大 2-1 東北大 岸和田]

 第15回全日本大学フットサル大会は25日、大会最終日を迎えて3位決定戦が行われた。3位決定戦の対戦カードは、北海道大学エスペランサと東北大学フットサル部ディーグッチ。東北大は優勝した2014年大会以降で最高となる成績を、過去最高順位が4位の北海道大は記録更新を目指して、それぞれ最後の試合に臨んだ。

 試合が動いたのは前半8分、東北大はFP北畠寛之が右足を振り抜いてシュートを決め、1点を先制する。しかし、直後に北海道大も反撃に転じFP窪田恵之が右から入れたボールをFP樋口海がゴールに決め、1-1の同点に追いついた。

 ここから追いついた北海道大が猛攻を仕掛けるが、前半12分に左サイドのFP中川颯人が折り返したボールをFP英翔太が決めきれない。13分には、FP夘都木滉太がゴール前でシュートチャンスを得たが、GK石塚駿介に防がれる。

 それでもチャンスの数で上回る北海道大は、前半19分に速攻を仕掛けると、最後は夘都木がゴールを決めて、2-1とリードして前半を折り返した。

 後半の立ち上がりは1点を追いかける東北大が押し込む展開になるが、北海道大も簡単にシュートチャンスをつくらせない。9分には右サイドから北畠が入れた鋭いボールにFP佐藤大将が飛び込んだが、わずかに合わずに得点は決められなかった。

 北海道大も後半10分、高い位置でボールを奪ったFP藤田晃成が相手GKと1対1になるが、シュートは防がれて得点できない。

 その後も両チーム、チャンスをつくり合ったが2-1のまま試合は進んでいく。残り3分14秒で東北大はタイムアウトを取る。後半18分には東北大FP青沼聡のシュートがGKのキャッチミスを誘うが、ボールはクロスバーを越えていった。

 ピヴォの北畠にボールを集め、最後の猛攻を仕掛ける東北大だったが、佐藤のシュートが右ポストを叩くなど、ゴールを決めきれない。このまま北海道大が逃げ切り、3位となっている。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社