【AFCクラブ選手権】決勝のメス・サンガンを警戒するFP吉川智貴「予選よりもさらに強くなってくると思う」

【AFCクラブ選手権】決勝のメス・サンガンを警戒するFP吉川智貴「予選よりもさらに強くなってくると思う」

[8.15 AFCクラブ選手権準決勝 タイ・ソンナム 1-3 名古屋 バンコクアリーナ]

 普段から決して手を抜くタイプではない。だが、特別に気持ちが入る試合になると、日本代表FP吉川智貴は、ピッチ上に2人いるのではないかと思わせるくらいの存在感を放つ。

 昨年のAFCフットサルクラブ選手権インドネシア2018では、準々決勝でタイ・ソンナム(ベトナム)に敗れ、名古屋オーシャンズは敗退した。その借りを返す一戦となった15日のタイ・ソンナム戦では、まさに吉川は2人いるのではないかというくらい、ピッチを広く駆け、攻守において決定的な役割を果たした。

 スピードが特徴のアラの選手たちの突破を封じつつ、ピヴォのFP清水和也へのパスコースもカット。ボールを持てば、スピードあるドリブル突破、自陣からの浮き球のパスで、元ブラジル代表FPペピータの2ゴールもアシストした。

 3大会ぶりとなる決勝でも、この男の縦横無尽の活躍は不可欠になるだろう。

「グループステージで勝っているので、さらに難しい試合になると思います」と、決勝で対戦するメス・サンガンへ最大級の警戒心を見せた。

以下、タイ・ソンナム戦後のFP吉川智貴のコメント

――気迫の塊のようなプレーを見せていましたね。
吉川 そうですね(笑)。はい、疲れました(笑)。

――1年ぶりのリベンジとなりました。
吉川 僕だけじゃなくてみんな、やっぱり昨年負けた悔しさはもっていましたし、気持ちのこもった良いゲームにはなったかなと思います。

――スタートから飛ばしていましたよね?
吉川 スタートからしっかり入ろうという話はしていました。でも、飛ばした感覚はありませんね。昨日のミーティングでも監督は「爆発したかのようにスタートで飛ばしすぎて、最初は行って、そのあとに落ち着く展開は絶対にダメだよ」と話していたので、強くはいくけど、ある程度、良いテンションを保つじゃないですけど、そういう入りが監督のプラン通りにできたのではないかと思います。

――得点王(清水和也)もしっかり抑えましたね。
吉川 ああ、得点王なんですか(笑)? はい! 抑えましたよ!

――絶対にやらせないって感じがすごかったですからね(笑)。
吉川 ははは(笑)。まぁ、そうですね。別に彼だけを意識していたわけではありません。でも、もちろん一番気をつけないといけない選手だったので、そこにできるだけボールを入れさせないようにすることは意識もしていました。ボールが入ったら入ったで、フィクソ陣もうまく対応してくれていたと思いますね。

――あと一つで3年ぶりの優勝です。
吉川 おそらくイラン(メス・サンガン)が来ると思うのですが、グループステージで勝っているので、さらに難しい試合になると思います。

――AFC U-20フットサル選手権でもイランはホームで日本に敗れました。相当の気持ちをもって、この試合にくるはずです。
吉川 そうですね。また、予選よりもさらに強くなってくると思うので、楽しみたいなと思います。

――ここでの結果というのは、日本代表戦になった時にも自信に変えられたりしますか?
吉川 あんまり考えたことないですね。どうですかね。この大会も結局、チームでは来ていますが、日本の代表としてきているので、そこまで日本代表だから、チームだからという感覚はありません。いつも通りというか、とりあえずクラブであっても負けられない戦いではあるかなと思います。ましてや昨年はひどい負け方をしたので。

――だいぶすっきりはしましたか?
吉川 いや、そんなことないですよ(笑)。決勝に勝たないとですね。ここで勝たないと何も意味がないので。とりあえず、今はしっかり休まないと。ちょっと疲れましたからね。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社