【AFCクラブ選手権】清水封じの立役者FP安藤良平「チームとしての守備が機能した」

【AFCクラブ選手権】清水封じの立役者FP安藤良平「チームとしての守備が機能した」

[8.15 AFCクラブ選手権準決勝 タイ・ソンナム 1-3 名古屋 バンコクアリーナ]

 名古屋オーシャンズのタイ・ソンナム戦のポイントの一つは、今大会7得点を挙げて、それまで得点ランキングで単独トップに走っていた日本代表FP清水和也をどう封じるかだった。

 名古屋は、直近の2試合ではメインとして使っていなかった前線からの守備を戻し、タイ・ソンナムにポゼッションをさせなかった。相手にボールを回させないことで、自分たちのボールを持つ時間を長くし、試合の主導権を握っていった。

 そのなかで、ここまで大活躍を見せていた清水を完封。後半には清水も低い位置に下がって攻撃を組み立てるなど、攻撃に変化を加えようとしていたが、まだまだ独力では名古屋の守備を打ち破ることはできず、まだ日本代表FP森岡薫を超えるところまではいっていない印象を残した。

 その清水に対して、マークにつくことが多かった日本代表FP安藤良平は、この試合の勝利の立役者の一人だ。日本人離れした身体能力を誇る清水を相手に、どういうプランを持っていたのかを聞いた。

 以下、タイ・ソンナム戦後のFP安藤良平のコメント

――やりましたね! 借りを返しました。
安藤 はい。1年越しのリベンジを果たせました! 僕たちは同じ相手には二度負けないというところをしっかり証明できたのが良かったです。

――今日は慢心がまったくなく、決定機をつくられる回数が少なかったですね。
安藤 どの相手でも僕たちはディフェンスの部分で主導権を握れるチームだと思っています。前半は特にそれが効果的にいきましたね。

――飛ばしすぎかな? と思うくらいいっていましたね。
安藤 気合いが入っていたのもありますし、同じ相手と1年越しで戦えるということでモチベーションがチーム全員高かったですし、やってやるぞという雰囲気をつくれていましたね。相手もあきらめてこないのが特徴的ですし、最後までやりきってくる相手なので、後半は結構、リズムをつくられている感じはありましたが、ディフェンスで我慢強くやりきれて勝利につながったと思います。

――攻撃と守備、名古屋はそのどちらかでも形にハマれば、リズムがつくっていけそうですね。今日は守備からリズムがつくれていました。
安藤 間を使ってくるのがうまかったですけど、そこから先でやらせなかったのが、僕らのピンチにつながらなかったのかなと思います。

――今日は清水和也選手とのマッチアップもありました。
安藤 代表でも一緒にプレーしている和也とあの舞台でマッチアップするのは不思議な感覚でした。今大会でもゴールという形でしっかりチームに貢献している彼を、この試合では何もさせないようにしようと思っていました。

――実際に何もさせませんでしたが、どのようなことを意識していましたか?
安藤 前線からのプレスが連動してかかっている時はパスコースを限定していました。そうすると僕もピヴォに対して守れます。僕一人が何か特別なことをしたというよりかはチームとしての守備が上手く機能して和也のプレーする位置を低く出来たのかと思います。背負われて1対1をするシーンも高い位置ではほぼなかったと思うので。ポジションを下げさせるために、ピヴォに対するパスをインターセプトする意識は常に持っていました。

――守備が機能しても、無得点では勝てません。決定力の面ではペピータ選手が、すごい活躍ですね。
安藤 ちょっとすごいですね(笑)。

――右でも決めていますからね。
安藤 はい。彼も3人いる外国籍選手枠のなかから一人選ばれて、代表してきているという気持ちが、プレーに表れているのかなと思います。国際大会になってよりすごさを感じるというか。球際でも相手をなぎ倒しながら進んでいくプレーっていうのは、やっぱり違いがでますね。

――イラン人もものともしませんからね。決勝に向けてはいかがですか?
安藤 どこが来ても勝つだけです(笑)。楽しみですね、決勝戦は。

――疲労はどうですか?
安藤 大丈夫ですよ。元気です!

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社