【AFCクラブ選手権】決勝でもジョーカーとなれるか FP橋本優也「少ないチャンスを生かす」

【AFCクラブ選手権】決勝でもジョーカーとなれるか FP橋本優也「少ないチャンスを生かす」

[8.15 AFCクラブ選手権準決勝 タイ・ソンナム 1-3 名古屋 バンコクアリーナ]

「いつも、いつも、いつも準備はしていますよ」。

 決して満足な出場時間を与えられているわけではない。だが、名古屋オーシャンズのFP橋本優也は、一度も準備を怠ったことがないと強調する。

 15日のタイ・ソンナム戦では、前半に一度、後半に一度、出場機会が与えられた。一試合で2度出ることができたのは、自身が1ゴールを決めた初戦のアルダフラFC(UAE)戦(〇4-2)以来のこと。

 短い時間のなかでも、爪痕を残すと誓っている10番は、タイ・ソンナムとの準決勝でも、ドリブル突破を仕掛け、相手のキープレーヤーであるベトナム代表FPパン・ドゥク・ホアのファウルを誘い、退場に追い込んだ。

 ここまで主力として活躍を続けてきた選手たちに疲労の色が濃くなってきているなか、まだまだ橋本は元気いっぱいだ。1次ラウンドのメス・サンガン戦(〇3-2)では出場時間が限られた。次の試合でも、おそらく橋本の出場時間が爆発的に増えることはないだろう。

 それでも、常に準備を怠っていないと言い切れる男は、ピッチに立つ、そのわずかな時間で何かをやってくれるのではないかという期待を抱かせる。

以下、タイ・ソンナム戦後のFP橋本優也のコメント

――今日は久しぶりに後半にも出場機会がありましたね。
橋本 そうですね。後半に出たのは初戦以来でしたね。やっとここまで来たなという感じはしますが、優勝しないと意味がないですし、優勝と準優勝ではだいぶ違うと思います。ここまで来たけど、最後に勝たないと意味がないので、最後まで気は抜けないなという感じです。

――こういう前に出てくる相手のほうが持ち味は出せそうですね。
橋本 昨日、あの相手だったからこそ、今日の相手がやりやすいところはありました。昨日、あの試合をやっておいて……僕は1本しか出ていませんが、体感できていてよかったなというのがあります。

――相手のキーマンを退場させる大きな仕事をしましたね。
橋本 そうですね。でも、あれファウルしてくれなかったら何もなかったですね(笑)。

――ボールがそのまま流れていた?
橋本 そう思います。マサ(平田ネトアントニオマサノリ)のパスも近かったので。でも、その前の流れが僕としては良かったです。あそこに行くまでの形が。ちょっと引き付けて3人目の動きというのは、結構、3人目の動きに相手が付いてこれないのは頭にあったので。それは常に出たら狙っていこうと思い、それがあの形になりました。それは試合前に自分がイメージしたとおりの動きだったかなと思います。「何かしら爪痕を残す」と言っているので、あそこで退場させられたのは、一つ爪痕を残せたのかなと思います。

――清水和也選手とのマッチアップで、シュートをブロックする場面もありましたね。
橋本 ありましたね。ディフェンスでも攻撃でも、少しでも出たら何かをしないといけません。途中から出たからといって、何をしてもいいわけではありませんし、普段出場している選手たちよりも、途中から出ている選手は準備をしないといけません。準備の仕方が良かったのかなと思います。

――今日、チームとして良い守備ができていましたが、特に清水和也対策ってありましたか?
橋本 特に和也対策は特にありませんでしたね。普段通り、いつも通りにプレスをかけていこうと。

――そうしたらタイ・ソンナムがあまり出せなかった?
橋本 そうですね。監督も言っていたのですが、僕たちは厳しい試合をしているぶん、こういう試合にも慣れています。でも、監督が言うには相手は楽な試合が多かったから、うちのほうがプラスアルファで優位だよと言っていました。そういうところもよかったのかなと思います。

――主力組はかなり疲労も蓄積しています。決勝は、もしかしたら……。
橋本 いつもそのつもりで準備はしていますよ(笑)。いつも。いつも準備しています。ワンチャンスっていう…。でも、今日もチャンスがあったので。少しでも出たら点を決めないといけないと自分のなかでは思っていますし、今日も、昨日もすべての試合でチャンスはあるので、出場時間は短いですけど、そこで決めることができれば、もう少し出場時間は伸びるのかなと思います。出られていないことをほかのことにフォーカスせず、自分にフォーカスして、そういうワンチャンスで決められていないから、出られていないと考えるようにしています。

――ヴァルチーニョ選手の10番を預かっていますし、もう少し点をとりたいですね。
橋本 そうですね。10番背負っているんで……(笑)。あんまりでも、気にしていないですよ。嬉しいのは嬉しいですけど。嫌いな番号ではないので。

――チームの雰囲気はいかがですか?
橋本 厳しい試合が本当に続いているので、そのぶん、より一層、勝つたびにチームの士気は高まっています。

――ベンチの盛り上がりも試合を追うごとに増していますね。
橋本 そうかもしれませんね。特に今日の相手には、去年負けていたので、同じ相手に2度は負けられないという気持ちでした。それも名古屋オーシャンズの勝者のメンタリティの部分だと思うのですが、そういう意味ではみんな、より一層、気持ちが入ったゲームだったと思います。

――今日の試合を見ると、なんで去年負けたんだろうと…。
橋本 思いますね。思います。

――ペピータ選手の存在は大きいにせよ、まだ力の差はありますよね。
橋本 なんでですかね。でも、去年のあの試合の記憶を僕はもう消しているんで。ちょっとしか出ていないんで。でも、負けたことは覚えています。

――明日の練習でアピールして、ですね。
橋本 アピールするくらい、がっつりやってくれると嬉しいですけど(笑)。でも、僕の立ち位置はどう頑張っても変わらないと思います。少ないチャンスを生かすことに今は意識がいっているので、そのチャンスを生かしてチームの勝利に貢献できればいいなと思っています。あと、もうちょっと出たいですけどね(笑)。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社