【AFCクラブ選手権】先制ゴールのFPペピータ「私たちが難しいゲームにしてしまった」

【AFCクラブ選手権】先制ゴールのFPペピータ「私たちが難しいゲームにしてしまった」

[8.14 AFCクラブ選手権準々決勝 名古屋 3-1 バモスFC バンコクアリーナ]

 AFCフットサルクラブ選手権タイ2019に出場している名古屋オーシャンズは、14日に行われた準々決勝でバモスFC(インドネシア)に3-1で勝利し、準決勝進出を決めた。

 この試合でも先制点を決めたのは、元ブラジル代表FPペピータだった。FP星翔太の折り返しを受けると、距離のある位置から強烈なシュートを叩き込んだ。その場面以外にも、3度シュートをポストに当てる場面があったペピータは、チームの抱えている得点力不足をどう捉えているのか。

 以下、バモス戦後のFPペピータのコメント

――難しい試合だったと思います。試合を振り返ってください。
ペピータ 私たちが難しいゲームにしてしまったかなという感じが少し残っています。ただし、勝つことができたので、それが今は一番大事だと思います。

――笠井選手がシュートを放った時に、コースを狙って打ってGKにキャッチされる場面がありました。その時「強く打て!」とアドバイスしていたと思います。今日の試合、難しくなった要因には決定力不足があったと思うのですが、そこはどう考えていますか?
ペピータ なかなかゴールが入りませんでしたからね。それはみんなが感じていることだと思うのですが、良いフィニッシュを打つことができていませんでした。私たちは期待していたようなボールが打てず、シュートが緩くなっていました。でも、それはあくまで点が入らなくて、イライラも募っていたと思います。その言葉を発した時は、チームを奮い立たせるような気持ちもあって、「いこうぜ!」というような感覚でした。自分も含めて、今日の試合ではベストなゲームができたとは思っていません。みんなで気を引き締めたいですし、今日の試合に勝てたので、次でトライすることができます。また、そこでぶつかっていきたいと思います。

――メス・サンガン戦後の難しさというのもありましたか?
ペピータ 少しずつ逆に疲労がたまった状態でプレーすることには慣れてきました。一方で、非常に難しいグループステージを突破したので、ここで一度落ちてしまうのは自然なことかもしれません。ただし、この疲労がたまっている状態にも慣れているので、しっかり戦いたいと思います。

――タイ・ソンナム、深圳、どちらと戦いたいという希望はありますか?
ペピータ ありませんね。どちらが来ても、難しいゲームになることは確かなので、準備をしっかりしたいなと思います。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社