【AFCクラブ選手権】負傷明けのFP安藤良平が1G1A「進化して戻ってきたんで!」

【AFCクラブ選手権】負傷明けのFP安藤良平が1G1A「進化して戻ってきたんで!」

[8.14 AFCクラブ選手権準々決勝 名古屋 3-1 バモスFC バンコクアリーナ]

 AFCフットサルクラブ選手権タイ2019は14日に準決勝の4試合を行った。Fリーグ王者として出場しているグループD1位の名古屋オーシャンズは、グループC2位のバモスFC(インドネシア)と対戦している。

 苦しい展開を救ったのが、日本代表FP安藤良平だった。先制しながら、なかなか追加点を挙げられない展開のなか、前半終了間際に得たカウンターのチャンスではスプリントを仕掛けて、FP平田ネトアントニオマサノリのゴールをおぜん立て。さらに後半には自らのゴールで勝利を決定的なものとした。

 守備でも安定感のあるパフォーマンスを見せ、この試合のMVP級の働きを見せたフィクソは、昨年の借りがあるタイソンナムとの準決勝に向けても「プライドを懸けて死ぬ気で勝ちに行きたい」と意気込みを語っている。

以下、バモス戦後の安藤良平のコメント

――星龍太選手がいないなかでのゲームでした。多くの役割をこなしましたが、いかがでしたか?
安藤 やっぱりここまでくると簡単な試合はないというか、難しい試合でしたね。勝つことが一番大事なので、次につなげることができれば良かったです。

――負けそうな感じはしないのに……。
安藤 そうですね。でも、危ないシーンはありました。カウンターをすごく狙ってきていましたし、ディフェンスがゾーン気味で特殊な守り方をしていたので、ピヴォには当てさせてくれるのですが、当てた後に密集して囲んで取りに来ようとしてくるので、そこの駆け引きとか、対応に苦しんだ部分がありました。

――攻撃に行ききれないことでリズムがつくれず、前プレもロングスローで回避されました。
安藤 そうですね。そうなると、もう少しラインを下げてやった方が、楽にプレスをかけられたのかなと今になって思いますが、前がかりになりすぎたかなと思いました。

――かみ合わせの問題ですかね。
安藤 はい。昨年も4-1で勝ったけどやりづらさはありましたし、そういう部分でもしっかり結果を出せたことがチームとしては大きいです。

――試合を決定づけるゴールになりましたが、ずっと攻めきれなかっただけに大きな意味がありましたね。
安藤 前半も僕自身はアシストはしましたが、決めるチャンスもありました。後半にもありましたし。決められるチャンスをもっと僕もそうですし、チームとしても、点を重ねることができれば、息の根を止める試合展開にできたと思います。しかし、2-0のまま試合が進んでしまっていたので、苦しい状況のなかでも、3点目を取ることができて良かったです。

――今大会はすごくいい感じで攻撃に絡めていますよね。
安藤 進化して戻ってきたんで(笑)。

――あとはボレーですね。
安藤 はい。決めたいですね。

――次の試合がタイ・ソンナムと深圳になります。
安藤 どっちが相手でもいいですが、タイ・ソンナムには昨年負けていますし、そこが上がってきたらプライドを懸けて死ぬ気で勝ちに行きたいです。

――星龍太選手も戻ってきます。
安藤 そこは心強いですね。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社