【AFCクラブ選手権】3大会ぶりの決勝進出へのカギを語るGK関口優志「ハードワークをしないと勝てない」

【AFCクラブ選手権】3大会ぶりの決勝進出へのカギを語るGK関口優志「ハードワークをしないと勝てない」

 

[8.14 AFCクラブ選手権準々決勝 名古屋 3-1 バモスFC バンコクアリーナ]

 AFCフットサルクラブ選手権タイ2019は14日に準決勝の4試合を行った。Fリーグ王者として出場しているグループD1位の名古屋オーシャンズは、グループC2位のバモスFC(インドネシア)と対戦し、3-1で勝利。3大会ぶりのベスト4進出を果たした。

 ボールを40分にわたって握っていたが、攻撃面が機能したとは言えないゲームだった。なかなか得点が決まらないなか、何度か訪れたピンチをGK関口優志はシャットアウトして、相手にリードさせなかった。

以下、バモス戦後のGK関口優志選手のコメント
――負ける感じはなかったものの、攻撃がノッキングした感じでしたね。
関口 先日までグループステージ3試合を結構ハードに戦って、油断していた選手はいなかったと思いますが、どこかで相手チームに対して差をつけているという面があったかなと思います。ゴールに入る、入らないとかではなく、入らなかった時のフラストレーションが、そういうのに表れてしまったかなと思います。点が入らなくても切り替えればいいところで「なんでだよ」というようなところにつながっていたので。そういうのは失くしていかないといけませんが、勝ち切れたことが良かったですね。トーナメント戦は、勝つことですべてよしなので、そこだけは良かったと思います。

――今日も最初にビッグピンチがありましたが、チームがうまくいっていない時の備えはどうしていますか?
関口 チームがうまくいっていなくても、自分はゴールを守るだけなので。そこに対しては特に気にもしていませんし、逆に僕はみんながそうなるだろうという準備もできている状態で試合に臨めたのかなと思います。

――噛み合っていない時を修正できた試合も過去にあったと思います。途中から乗れたゲーム、乗れないままのゲームは何が違うのでしょうか。
関口 チャンスで決めきることはもちろん大きなポイントだと思います。あとはチームのなかでどういう声掛けをするか。でも、やっぱり一番は点数が入る、入らないのところですね。逆に早いタイミングで失点をしたことが良かったというのもあったりするんです。

――目が覚めたっていうやつですね。
関口 はい。経験から言うと。失点することは、決していいことではないのですが、でも、そこで「やっぱりやらないとだめだ」というスイッチがしっかり入る選手もいるので。そういう面では、ちょっと自分たちのリズムを変えるためのスイッチをどこで入れるかがポイントになると思います。

――星龍太選手が不在でしたが、安藤選手、笠井選手が穴を埋めていましたね。
関口 そうですね。守備に関してはそこまで悪かったところはなかったと思います。攻撃面でパスが合わなかったり、トラップミスとかも、疲労が原因かもしれませんが、そういうミスが多かったので、そこは気持ちや意識の問題で解決できると思うので、そこはしっかり頭も体を休めて、準備したいと思います。

――明日に向けて修正したいところはありますか?
関口 もちろん連戦になりますし、今日の後半もボールを回して休むような時間帯もありました。次の試合には(星)龍太選手も戻ってきますし、ディフェンス面でも今日より安定するかなと思います。

――対戦相手はタイ・ソンナムか、深圳になります。
関口 タイ・ソンナムには昨年負けています。どこが来るかはわかりませんが、必ず決勝に勝って優勝を味わえるように、そこだけを目標にやっていければなと思います。どちらが来ても準備はしますが、やっぱり昨年負けているタイ・ソンナムと直接やりたい気持ちがありますね。

――前の試合は良いスタートが切れていましたが、メス・サンガン戦の直後というのもあったかもしれませんね。
関口 そうですね。そこはちょっと抜けた部分があったので、今日の反省を生かして明日はやりたいですね。みんな、スイッチを切り替えてやってくれると思いますし、あとは勝つだけなので、しっかり明日に備えたいです。ハードワークをしないと勝てませんし、どのチームも5試合目、6試合目になるので、そこでいかにサボらず、しっかり動いて戦えるかが勝負のカギになると思います。実力差はそんなにないと思うので、あとは決めきるところなどをしっかり詰めてやっていきたいです。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社