【AFCクラブ選手権】2大会連続の決勝進出を目指すタイソンナム監督「清水は非常にクオリティが高い」

【AFCクラブ選手権】2大会連続の決勝進出を目指すタイソンナム監督「清水は非常にクオリティが高い」

 AFCフットサルクラブ選手権は13日、準々決勝を翌日に控え、公式記者会見を行った。会見に出席したタイソンナム(ベトナム)のパーン・ミン・ギアン監督は、準々決勝の深圳南嶺鉄狼(中国)戦を前に、試合が2日間なかったことで良いコンディションで臨めるだろうとの見解を話している。

 また、FP清水和也の活躍について、準決勝で対戦する可能性のある名古屋オーシャンズとの試合に向けてもコメントをした。

以下、タイソンナムのパーン・ミン・ギアン監督のコメント

――明日の試合に向けて、どのような準備をしていますか?
パーン みなさん、こんにちは。明日の試合に向けて、私たちは2日間、休むことができました。そのため、選手たちは良いフィジカルコンディションで試合に臨めると思います。

――負傷者は出ていますか?
パーン 1人の選手、ピヴォの10番(ヴ・ドゥク・タン)が負傷して明日の試合はプレーすることができません。

――清水和也選手のここまでの出来はいかがですか?
パーン 非常に印象的な活躍を見せてくれています。彼はピヴォの選手として非常に高いクオリティがあり、ボールを収める力が突出しています。また、ターンすることができ、そのまま個人の力でゴールを決めることもできます。

――今回、アジアから2選手を加えました。どのような意図があるのでしょうか?
パーン より適応が早いと考えたからです。私たちは非常に能力の高い2人の選手を獲得できたと考えていますし、実際に彼らは私たちの戦術に非常によくフィットしてくれました。

――ベトナムのフットサルは、代表チームが前回のW杯に出場し、クラブ単位でも前回のAFCフットサルクラブ選手権で準優勝と躍進しています。これはどういう理由からですか?
パーン ベトナムのフットサルは、一つのグループとして日々、成長しています。特にスペインから素晴らしい指導者が来るようになって、クラブの成長を助けてくれました。選手たちの成長を促しただけでなく、各クラブにも大きな影響がありました。前回大会で準優勝できましたし、今大会でも決勝進出を目指しています。非常に難しい戦いになると思っています。

――少しだけ気の早い話になりますが、準決勝では名古屋と対戦する可能性もあります。どんな試合になると考えますか?
パーン 私たちが幸運にも準々決勝を突破すれば、高い確率で名古屋と対戦することになるでしょう。名古屋はアジアのなかで最も強く、最も大きなチームです。彼らに勝ちたいのであれば、私たちの持っている100%以上の力を出す必要があるでしょう。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社