【AFCクラブ選手権】外国籍枠1の大会での必勝を誓うGK関口優志「日本人も素晴らしい選手がそろっていることを示したい」

【AFCクラブ選手権】外国籍枠1の大会での必勝を誓うGK関口優志「日本人も素晴らしい選手がそろっていることを示したい」

8.10 AFCクラブ選手権 第2節 名古屋 3-1 カズマSC バンコクアリーナ]

 AFCフットサルクラブ選手権のグループDは、10日に第2節を行い、名古屋オーシャンズはカズマSC3-1で勝利した。

 今大会のレギュレーションは、外国籍枠が1枚となっている。Fリーグでは外国籍選手が多くのゴールを挙げて勝利をもぎとっている印象も受ける結果になっているが、日本代表の常連クラスが数多く在籍しているだけに、GK関口優志は、「ここで負けると『やっぱり外人の力のおかげで名古屋は勝っている』と言われてしまうと思います。そうは言われたくない」と、闘志を燃やした。

 以下、カズマSC戦後の名古屋GK関口優志のコメント

――この試合の感想を聞かせてください。
関口 やっぱり年々、アジアでの各クラブの差はなくなってきているなという実感は、今日の試合をやっても実感があります。そのなかで今日は勝ち切れたことが良かったと思います。

――ボールを支配しても、ゴール前のピンチの数も名古屋のほうが多い印象でした。
関口 そうですね。前半もそうですし、後半もポイント、ポイントで、結構、危ない11、セグンドがあったりしたので。そういうところを決められていたら、試合の内容は変わっていたと思います。逆に言えば、そこをしっかりチームとして防げたことが、今日の勝因につながったと感じています。

――カウンターを受けるのは、相手を押し込む展開になると、仕方がない部分でもありますよね。
関口 Fリーグでもそうですが、名古屋は攻めている時間が長いチームで、そのなかで来るピンチというのは、かなりビッグピンチといいますか、大きなピンチがくるので、そういうのはリーグ戦でも常に準備している部分なんで、そこをしっかり押さえていけるようにやっていければなと、常に思っています。

――相手が枠外に蹴ってくれたことで助かったところもありました。
関口 前半はそうでしたね。本当に2本、結構、パスミスしたのと枠外にシュートしてくれたのがありました。あそこは本当に枠に飛んでいたら、やられていたかなと感じますね。

――そこはもう攻撃のところでの失い方の修正ですよね。
関口 そうですね。あそこは本当に自分たちのミス。セグンドのやつはちょっと違いますけど、もう一つの左上に外れたやつは自分たちのミスからなので、そこは修正して明後日のイラン戦に向けてしっかりやっていきたいと思います。

――1-0で我慢して、2点目、3点目をこのメンバーで取れているのは、ポジティブなことではありませんか?
関口 Fリーグでは、結果にも表れていますが、ヴァルチーニョとラファという外国籍選手が主力として得点源になっているチームではあると思います。こうやってAFCフットサルクラブ選手権を戦ううえでは、ペピータ選手一人しか入れないなかで、ここで負けると「やっぱり外人の力のおかげで名古屋は勝っている」と言われてしまうと思います。そうは言われたくないですし、日本人も素晴らしい選手がそろっていることを、今大会を通じて、Fリーグのためにも見せつけていけたらいいなという感じですね。

――次の試合がイランのメス・サンガンが相手になります。イランと言えば、関口なのですが順番は篠田選手ですかね。
関口 それはちょっと、どうなるかわかりません()

――いまは順番に出ていますよね?
関口 そうですね。基本的にはその流れではきていますが、まだわかりません。

――そこは一つ飛ばしで準備をしているのですか? それとも毎試合ですか?
関口 今大会に関しては、「初戦は篠田、2戦目は関口」と言われていたので、そういう準備の仕方をしていました。でも、次のメス・サンガン戦に向けてはどちらが出るかわかりません。でも、順番があるにせよ、常に出られる準備はしていますし、明後日の試合に向けても、先発のメンバー発表に自分の名前があっても、いつでも戦える準備はできています。

――今日の終盤のごちゃごちゃした感じは、アジアの戦いっていう感じですね。
関口 そうですね。ならではですよね。なかなか審判の基準もぶれない部分があるので、そこは審判をリスペクトしてやりたいですね。取らないところは、本当に取らないので、そこを僕たちは生かさないといけませんし、取られないなら、しっかりとコンタクトの部分で強く当たる。そこはチャンスにつなげられるところだと思うので、審判を味方につけるじゃないですが、審判の基準を感じながらプレーできればと思います。

――フィジカルの強さは、名古屋の武器としてありますよね。
関口 強い選手は多いので。次のメス・サンガンもフィジカルは強いと思いますが、そこをしっかりと戦いたいですね。今日のメス・サンガンの試合がどうなるかによりますが、おそらく決勝ラウンド進出が決まった状態で戦えると思うので、まずしっかりと自分たちの強さを見せつけられるようにしたい。多分、明後日の試合というのは、他のクラブも気にしてみている試合になると思うので、しっかりと自分たちの強さを見せつけられるように戦っていければなと思います。

――1位、2位で今後の戦いの相手も変わってきますからね。
関口 はい。しっかり休んで、明後日の試合に向けて準備をしたいと思います。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社