【AFCクラブ選手権】グループ首位通過のかかるメス・サンガン戦に向けて フエンテス監督「勝ちに行きます」

【AFCクラブ選手権】グループ首位通過のかかるメス・サンガン戦に向けて フエンテス監督「勝ちに行きます」

8.10 AFCクラブ選手権 第2節 名古屋 3-1 カズマSC バンコクアリーナ]

 AFCフットサルクラブ選手権のグループDは、10日に第2節を行い、名古屋オーシャンズはカズマSC3-1で勝利した。

 グループステージ最終節の試合は、前回覇者のメス・サンガン・ヴァルザガンが対戦相手となる。すでに決勝ラウンド進出を決めているもの同士の試合となるが、フエンテス監督は「準々決勝につながるプレーをしたいので、勝ち切りたい」と、意気込みを語った。

以下、カズマSC戦後のフエンテス監督のコメント

――2連勝、おめでとうございます。
フエンテス ありがとうございます。

――初戦に比べて非常にスムーズに試合に入ったと思いますが、どんな印象ですか?
フエンテス 今日の試合のほうが選手たちはリラックスして入ることができて、最初にリズムができた要因になったと思います。一試合目は、少し選手たちも緊張していて、それをほぐすのに時間がかかりました。その意味では、今日のほうが私たちらしいゲームができましたが、違う意味で熱くなり、ナーバスになるゲームでしたが、戦いながらも冷静に対応できたので、次につながると思っています。

――Fリーグの試合と違い外国籍枠が少ないなかでも、2試合を通じてゴールを重ねられています。その点についてはいかがですか?
フエンテス リーグ戦とはレギュレーションが違い、外国籍選手がいませんが、まったく違う大会です。ここにアジャストする必要があります。日本人選手たちの若い選手たちも出場して起用に応えてくれています。ほかの日本人選手の「点を取る」という意識も高くなっていますし、チームに貢献できているのは、非常に良いのではないでしょうか。

――次のイランとの試合は、おそらくグループ突破を決めた状態での試合になります。1位か、2位かで、今後の相手も変わってきますが、その試合に向けてはどのような心構えですか?
フエンテス ゲームのなかでの作戦は変えずに、勝ちに行きます。メス・サンガン戦でも私たちのプレーがうまく生きて、準々決勝につながるプレーをしたいので、勝ち切りたいというのが目標ですね。細かいところを分析して、メス・サンガン戦も決勝戦のように戦いたちと思います。

――タイトルを目指すうえで手ごたえはいかがですか?
フエンテス 良いと思います。良い方向に進んでいますし、選手たちも自信はついているでしょう。またフィジカル的にもコンディションがいいので、このまま進んでいければ、私たちは良い方向に進めるのではないかと思います。

――出場時間の少ない日本人選手が経験を積むことで、成長することもあります。この大会を戦うことで、全体のボトムアップを期待する点もありますか?
フエンテス そうですね。こうした大会で必要となった時に、リーグでの経験も浅い選手が出場して、期待に応えてくれていることは、チームにとっても自信になります。また監督である、私の選択肢も増えます。そこはポジティブに考えています。

――次の試合も期待しています。
フエンテス ありがとうございます。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社