【AFCクラブ選手権】終盤に一触即発となるピリピリとした一戦を終えたFP水谷颯真「これがAFCか、という感じの試合」

【AFCクラブ選手権】終盤に一触即発となるピリピリとした一戦を終えたFP水谷颯真「これがAFCか、という感じの試合」

8.10 AFCクラブ選手権 第2節 名古屋 3-1 カズマSC バンコクアリーナ]

 AFCフットサルクラブ選手権のグループDは、10日に第2節を行い、名古屋オーシャンズはカズマSC3-1で勝利した。

 今季、Fリーグ選抜から復帰したFP水谷颯真は、貴重な左利きの選手としてフエンテス監督に重宝され、一定の出場時間を与えられている。そのなかでも、持ち味の推進力を見せてしっかりとチャンスをつくり出した。初戦でセットプレーからボレーシュートを決めたレフティは、この試合でも右サイドからポスト直撃のシュートを放つなど、「緊張」があることを繰り返しながらも、存在感を示した。

 試合終盤は、両チームの選手が一触即発になる荒れた展開になった一戦を振り返り、「ここに来られてすごく幸せな気分ですね」と、アジア最高峰の戦いに身を置けていることに感謝した。

以下、カズマSC戦後のFP水谷颯真のコメント

――試合の感想を聞かせてください。
水谷 これがAFCか、という感じの試合でしたね(笑)。すごくピリピリした緊張感があるというか、普段のFリーグではなかなか味わえないものでしたし、そういう試合が経験できたことは、自分にとってすごくプラスになります。今日みたいな試合は、あまり良くないと思いますが、一つの経験としては良かったかなと思います。

――初戦は緊張が見えましたが、チームともども、良い入りができたのではありませんか?
水谷 この前、初戦をやっていたので、そこは緊張せずに……少しは緊張しましたけど、しっかり入ることができました。いつも通り「頑張ろうかな」という感じで試合には入っていきました。

――ポストを叩く惜しいシュートも一本ありましたね。
水谷 あそこを決めないと、チーム的にも厳しくなります。あそこで決められる選手になりたいとは、また改めて思いました。

――普段以上に体を張ったり、投げ出したりしている場面も多かったのでは?
水谷 相手選手も自分より大きい選手ばかりですし、僕がどれだけ当たったところで、相手もケガしないと思うので()。そういうところで戦う気持ちをもって、試合には入るようにしています。

――次の対戦相手はイランのクラブになります。
水谷 個人的には一番楽しみにしてきた相手です。アジアでトップの方々なので、緊張もしますけど、楽しみな場面がたくさんあります。

――その相手に自分のどこを出していきたい?
水谷 自分はスピードと前からかけるプレスが武器だと思っているので、相手は強いですが、臆することなく自分の良いところを出していければと思います。

――2連勝できましたが、この後の試合に向けて特別に考えていることはありますか?
水谷 特にありません。チームとしては勝つことが一番大事ですが、(ダウンをしている他の選手たちを見て)あの人たち全員うまい人たちなので、何も心配することはありません()。いつも自分の心配をしないと、チームの足を引っ張ってしまうので。自分がいつもコンディションをよく、試合に集中して戦えるように意識はしています。

――AFCクラブ選手権はほかの大会と何か違いますか?
水谷 やっぱりFリーグと違うというか、日本のフットサルはすごくスピーディーで、身長もみんな一緒くらいです。パワーっていう場面では名古屋が勝てるかなと思うのですが、アジアの戦いになると、相手は足も長いし、体格も違います。パス一本をとってもうまいですし、今、ここに来られてすごく幸せな気分ですね。

――自分たちの国内での長所だけでは勝てないような相手?
水谷 そうですね。それだけでは勝てないので、強くいくところとか、体を投げ出してでも止めないといけない場面が多いと、この2試合でもすごく感じました。

――次はまたレベルが一つ変わるイランとの試合なので、楽しみですね。
水谷 すごく楽しみですね。

――1位通過と2位通過では、かなり大会の難度が変わってきそうですが。
水谷 あまり見ないようにしているんです。気にしても、一戦一戦、戦っていくだけなので。でも、次の相手は特別に意識しています。簡単に勝てる相手ではないと思うので、頑張ります!

――最後、ちょっともめる展開になっていましたが、どんなことを感じていましたか?
水谷 早くロッカーに帰りたかったですね()

――相手も退場者を出した残り220秒から、出てきませんでしたからね。
水谷 ああいう経験も、日本だとたぶんできないと思います。日本人だと真面目なところがあるので、前からくると思うんですよね。

――あの時間帯、ペピータがいてよかったですね。
水谷 ペピータがいなかったら、俺、前に行っていましたね()。ペピータが「これでいいんだ」って言ってくれたので、そういうところは見習うことができて良かったです。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社