【U18選手権】起死回生の同点弾も悩めるロンドリーナFP薮内涼也「気持ちのコントロールが難しい」

【U18選手権】起死回生の同点弾も悩めるロンドリーナFP薮内涼也「気持ちのコントロールが難しい」

8.3 U18選手権準々決勝 ロンドリーナ 1-1(PK3-1)静岡翔洋 浜松アリーナA

 S.B.F.C.ロンドリーナU-18は、準々決勝の東海大学付属静岡翔洋高校フットサル部にPK戦の末に勝利し、第2回大会以来となる準決勝へと駒を進めた。

 第2回大会のチームには、現在もトップチームで活躍を続ける日本代表FP植松晃都がいたが、今回のチームにも現役Fリーガーがいる。この試合でもパワープレーから起死回生の同点ゴールを挙げたFP薮内涼也だ。

 チームを敗退の危機から救った薮内だが、周囲も彼自身も、そのパフォーマンスには満足ができていない様子。伊久間洋輔監督の取材中、すぐ近くを通った薮内について「ゴールが小さいらしい」と、チャンスを生かしきれていなかったエースに声をかけたところから取材は始まった。

以下、東海大学付属静岡翔洋戦後のロンドリーナFP薮内涼也のコメント

伊久間 今回、なかなか点が取れてないんですよ。ゴールが小さいらしくて。

――今大会ここまで何ゴールですか?

薮内 3ゴールですね。

――結構、取れているじゃないですか?

伊久間 チャンスは20点以上あったから、おそらく。

――準決勝まで温存している感じですか?

薮内 そんな感じです(笑)。

――でも、今の試合でもパワープレーから最後に同点ゴールを決めましたね?

薮内 そうです。

――ここから本領発揮と行きたいですね。全国大会はいかがですか?

薮内 難しい試合がたくさんあって、気持ちのコントロールとかが難しいですね。

――どう難しいのですか? 気持ちが入りすぎる感じでしょうか。

薮内 それもありますが、焦りとか、自分のコンディションを整えるのが難しいなと思います。

――準決勝の相手はシュライカ―大阪U-18になりました。やりやすさも少し出てくるのかなと思いますが、いかがですか?

薮内 Fリーグの下部組織同士なので、プライドを賭けた試合になります。負けられない試合ですね。

――(第2回大会で3位となった)植松晃都選手を上回るためには、決勝に進出するしかありませんね。

薮内 はい。

――湘南はここまで守備を武器にしてきましたし、ロースコアの試合になりそうですね。

薮内 点を取れないので、守備を頑張っています。

伊久間 普段は点を取れるチームなのに、最近取れないんだよね。ちょっとの工夫で入るんじゃない?

薮内 はい。

――U-20日本代表のFP井口凜太郎選手もいますし、力を図る絶好の機会にもなりますね。

薮内 そうですね。がんばります。

 

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社