【U18選手権】ラスト数分で4強入りを逃した静岡翔洋 久保田勇輝監督「スキをつくってしまった」

【U18選手権】ラスト数分で4強入りを逃した静岡翔洋 久保田勇輝監督「スキをつくってしまった」

[8.3 U18選手権準々決勝 ロンドリーナ 1-1(PK3-1) 静岡翔洋 浜松アリーナA]

 今大会、開催地が仙台から静岡に移り、東海大学付属静岡翔洋高校フットサル部が開催地代表として、初出場を果たした。コーチとして、ベンチには名古屋オーシャンズの初代監督である眞境名オスカー氏も入ったチームは、要所を抑えたフットサルを見せた。

 準々決勝ではロンドリーナU-18と対戦。前半3分にFP安森潤弥のゴールで先制すると、この試合から20分ハーフになったゲームの大半をリードした。しかし、後半の立ち上がりに相手に退場者が出た時間帯に追加点を挙げられず。残り時間が短くなるなかで、パワープレーから失点を喫して同点とされた。

 相手が5ファウルという状況で後半を終えたが、レギュレーション上、勝負の行方はPK戦にゆだねられ、U-20日本代表候補GK中澤航に2本のPKを止められて勝負は決した。

 惜しくも4強進出は果たせなかったが、開催地の初出場チームの決勝ラウンド進出は、大会を盛り上げる一因となった。

 チームを率いた久保田勇輝監督は、ロンドリーナとの差を口にしつつ、将来的に「フットサル王国・静岡」となる先駆け的な存在にしていきたいと、さらなるチームの強化を誓った。

以下、ロンドリーナ戦後の静岡翔洋高校フットサル部

――あと数分というところで追いつかれました。
久保田 そうでしたね。そのあと数分というところで、ちょっとした隙を相手に与えてしまったのかなと思います。パワープレーの守備の練習をやってきたにもかかわらず、今までとの雰囲気から、相手に違うような状況をつくられたことによって、スキをつくってしまい、そこからやられたのかなと感じます。

――先制してからもチャンスはつくれていました。
久保田 そういったところも、強いところはチャンスを決めることができていますが、チャンスを決めきれなかったというのも、大きな課題になっているのかなと思います。少しのチャンスで決めれていれば、流れが少しはうちに傾いていたのかなと。相手も5ファウルになっていましたし、自分たちの方が状況的には常に有利な状況だったのに、そこを譲ってしまいました。最後、PKでもやられてしまうというところが、本当に悔いが残る敗戦になってしまったと思います。

――選手たちには、どんな言葉をかけますか?
久保田 自分は「『サッカー王国・静岡』から『フットサル王国・静岡』に変えていこう。その先駆けになろう」ということを常に子供たちに言っていました。いま、この3年生の子たちがこれだけ良い結果を残し、良い戦いをしてくれたので、次の世代はしっかり引き継いで、また全国の舞台に帰ってこようと選手たちに伝えて、切り替えてやっていきたいと思います。 

――スタンドにも選手が多いですし、下級生は多くいるのでは?
久保田 そうですね。今回のチームは3年生が主体でしたが、2年生、1年生にも良い選手はいます。また明日から、トレーニングをしっかりやって、新チームをつくっていきたいと思います。

――今回、開催地枠という形で初出場しましたが、それによって大きく変わっていきそうですか?
久保田 今回の経験を引き継いで、どんどん年を重ねていくごとに、「静岡の翔洋」と脅威の存在を全国にどんどん発信していけたらなと思います。

――関東のクラブなどはリーグ戦などがあり、3年生が活動する機会も残っています。静岡はいかがですか?
久保田 静岡は結構、選手権で引退する選手が多いです。でも、うちの子たちは一応10月までは、他の部活も活動しているので、そこまではリーグに携わっていくと思っています。

――今後もフットサルを続けていこうとしている選手はいますか?
久保田 そうですね。ロンドリーナさんに進みたいという子もいれば、シュライカ―大阪サテライトに進む子もいます。ぜひ、次のステップでここでの経験を生かしてほしいと思います。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社