【女子Fリーグ】すみだレディース、ミネルバ、SWHレディースの来季参入が決定! 11チームのリーグ戦に

【女子Fリーグ】すみだレディース、ミネルバ、SWHレディースの来季参入が決定! 11チームのリーグ戦に

 日本女子フットサルリーグは7日、公式HP2020/2021シーズンより、新たに3チームが新規参入することを発表した。

 参入が決定したのは、フウガドールすみだレディース、SWH Ladies西宮Futsal Club(公式発表ではSWH Ladeis西宮Futsal ClubになっているがおそらくLadies)、MINERVA(ミネルバ)の3クラブとなっている。なお、リーグは「各所属リーグから昇格し、日本女子フットサルリーグ2020/2021に新規参入する」と発表している。このため、来シーズン以降は日本女子フットサルリーグに所属するクラブは、各地域リーグには参戦しない見込みだ。

 また、FutsalXの取材では、日本女子フットサルリーグが来季以降、11チームによる2回戦総当たりの20試合になる方向で調整が進んでいることが明らかになっている。

以下、リーグよりリリースされた女子Fリーグ新規参入3クラブの概要

クラブ名(ヨミ)
フウガドールすみだレディース (フウガドールスミダレディース)
所属リーグ:関東女子フットサルリーグ 1 部
ホームタウン:東京都墨田区

クラブ名(ヨミ)
SWH Ladeis 西宮 Futsal Club (エスダブルエイチレディースニシノミヤフットサルクラブ)
所属リーグ:関西女子フットサルリーグ 1 部
ホームタウン:兵庫県西宮市

クラブ名(ヨミ)
MINERVA (ミネルバ)
所属リーグ:中国女子フットサルリーグ 1 部
ホームタウン:山口県宇部市

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社