【U18選手権】準決勝でハットトリックの町田U-18FP浜崎銀成「どこよりもうちが一番強いことを見せつけたい」

【U18選手権】準決勝でハットトリックの町田U-18FP浜崎銀成「どこよりもうちが一番強いことを見せつけたい」

8.3 U18選手権準決勝 町田U-18 6-3 サントス 浜松アリーナA

 ペスカドーラ町田U-18は、3日に行われたU-18フットサル選手権のサントスFC/サンチスタ戦に6-2で勝利し、大会初出場ながら決勝進出を決めた。

 この試合の後半に3ゴールを挙げる活躍を見せたのがFP浜崎銀成だ。FP毛利元亮、FP杉田魁聖とともにチームでピヴォを務め、前線からのプレッシングでも高い貢献度を見せてきたが、チームが多くの得点を挙げるなかで、自身は1次ラウンドの初戦のゴールのみにとどまっていたことを気にしていたという。

 試合直後、チームメートたちが栄養補給をしている近くでコメントを求めると、取材開始直後は周囲から多くの突っ込みを受ける事態に……。

以下、サントス戦後の町田U-18FP浜崎銀成のコメント

――決勝進出を決めた感想を聞かせてください。

チームメート 謙虚に、謙虚に、謙虚に!

浜崎 決勝に行くのは、当たり前だと思っていたので……。
チームメート おおっ()

浜崎 決勝にまず行くことが目標だったので……。

チームメート どっちだよ()! 当たり前なの? 目標だったの?

浜崎 うーん……じゃあ、目標で! もうそっちで話しててよ、マジで恥ずかしいって()

――目標でいいんですか()
浜崎 はい。目標でお願いします()。普段からほかのところでもあまり点を取ることができなかったのですが、こういう準決勝という舞台でゴールを挙げることができて、決勝進出に貢献できたことはすごくうれしかったです。今大会も初戦で1点取って、それからも試合には出ていたのですが、そこから点を取ることができていなかったので、「やばいな」という焦りも感じていました。だから、準決勝で3点取れたことは嬉しいです。

――チームは準々決勝で12得点、準決勝で6得点を挙げており、失点も少ないです。非常に完成度が高いと思いますが、全国大会で戦うことで得ている自信はありますか?
浜崎 めっちゃありますね。こういう高いレベルでやって、こういう結果を残せることで、それぞれが自信を持てていると思います。個人でも今まで持っていた目標よりも、もっと高い目標をもって、そこを目指す選手も増えてくると思うので良かったです。

――今日の3点で一番良かったと思っているのは、どのゴールですか?
浜崎 チーム内の練習から取り組んでいて、常に意識しているのがファー詰めです。今回の試合では、10番の倉科(亮佑)選手から出してもらったボールに合わせて決めることができたファー詰めのゴールが嬉しかったです。

――東京都大会から、この選手権、長い道のりでした。東京都、関東では決勝で負けていますし、3度目の正直でタイトルを取らないといけませんね。
浜崎 間違いないですね。ここでタイトルを獲り、フウガよりも、うちのほうが強いんだということを証明しないといけません。関東でも、全国でも、どこよりもうちが一番強いことを見せつけたいと思います。

――決勝で対戦するシュライカー大阪U-18には、どんな印象をお持ちですか?
浜崎 ロンドリーナもとても強いチームなので、そこで勝ったということは、PKという形であったとしても、力がある証拠だと思いますし、この大会を戦うなかで力もつけてきたと思います。怖いですが、自分も自信を持ってしっかり勝ちたいと思います。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社