【U18選手権】優勝に王手の大阪U-18GK中野杏慈「フットサルチームの頂点に立ちたい」

【U18選手権】優勝に王手の大阪U-18GK中野杏慈「フットサルチームの頂点に立ちたい」

[8.3 U-18選手権準決勝 ロンドリーナ 1-1 PK1-2 大阪U-18 浜松アリーナB]

 シュライカー大阪U-183日、第6回全日本U-18フットサル選手権の準決勝でPK戦の末にS.B.F.C.ロンドリーナU-18を破り、決勝進出を果たした。

 サッカーではPK戦は各チーム5人ずつがシュートをするが、現在のフットサルのルールではPK戦は3人ずつのキッカーによって決められる。GK中野杏慈はこの試合、3本中2本のPKをストップし、勝利に貢献した。

 序盤に先制されてから、終盤まで追いつけない苦しい試合となったが、「PK戦になると思っていましたし、そこで止める自信もあった」と、自信を持っていたことを明かした。

以下、ロンドリーナ戦後の大阪U-18GK中野杏慈のコメント
――決勝進出おめでとうございます。
中野 ありがとうございます。

――試合を振り返っていかがですか?
中野 初めに先制点を食らって、周りがざわつき始めて飲まれそうになりました。でも、徐々に自分たちの流れにもっていって、後半にパワープレーから1点取れたことが良かったです。

――なかなかゴールを奪えず、時間が少なくなっていくなかで焦りもあったのでは?
中野 だいぶありましたね。点を取れていない時は、駆け引きというかもありましたし、フィールドプレーヤーも点が取れなくて苦しんでいたので、そこはしんどかったですね。

――途中でドリブルでチャンスをつくっていたFP甲林陸選手も負傷しました。
中野 もともと彼は古傷があったんですよね。彼が抜けたことも痛かったです。

――それでも追いつくことができました。
中野 すごく嬉しかったですね。そこから勝ち越しにいくために、もう一回パワープレーをすることも聞いていました。あそこで勝ち越すのは無理だったのですが、PK戦になると思っていましたし、そこで止める自信もあったので良かったです。

――GK対決と言っていた通りになりましたね。
中野 はい()

――そこでの駆け引きについては?
中野 明日、決勝があるので、そこは控えておきます()

――明日は町田との決勝戦です。どんなイメージを持っていますか?
中野 町田はすごく強いですよね。全員がボールをさらせるイメージがあって、攻撃力も高くて、ディフェンス力もあるチームなので、一人ひとりが意識しながら町田に挑むという考え方で臨もうと思います。

――優勝したら、Fリーグ下部組織クラブにとって初のタイトルです。それを獲ることの意義はどう感じていますか?
中野 フットサルチームの頂点に立ちたいというのがまずありますし、Fリーグ下部組織のなかでも、トップに立つかどうかという意味もあると思います。また6大会目にして、初めてフットサルチームが優勝するというのは、かなり大きな意味があると思っているので、ここで満足せずに、これからどんどん成長できるポイントとしてとらえたいと思います。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社