【U18選手権】大阪U-18FP井口凜太郎「今大会を優勝する最初のフットサルチームになりたい」

【U18選手権】大阪U-18FP井口凜太郎「今大会を優勝する最初のフットサルチームになりたい」

8.3 U-18選手権準決勝 ロンドリーナ 1-1 PK1-2 大阪U-18 浜松アリーナB

 第6回全日本U-18フットサル選手権は3日に準決勝を行った。浜松アリーナのBピッチでは、S.B.F.C.ロンドリーナU-18とシュライカー大阪U-18が対戦し、1-1で迎えたPK戦の末に大阪が2-1で勝利して決勝進出を決めている。

 チームの守備の要であるU-20日本代表FP井口凜太郎は、自身が不在だった大阪大会決勝以降のチームの成長を感じつつ「絶対に勝ちたい」と、フットサルプロパーチームとしての初の優勝への思いを語った。

以下、ロンドリーナ戦後の大阪U-18FP井口凜太郎のコメント

――最後まで追い込まれた試合になりましたね。
井口 しんどかったというのが、一番の感想ですね。早い時間帯にゴールを奪われて、相手が引いてきたのですが、マジで切り替えて引くというか、ホンマに1点も取らせないようにと徹底して守ってきたので難しかったです。うまい選手たちがそれをやると、簡単には点を取れないので、しんどかったです。

――パワープレーを始めた時は、どんな心境でしたか?
井口 最初、相手の守り方が想定していたのと違ったので、慌てながらの攻撃になるかなと思いました。それでもみんな意外と落ち着いていたんですよね。一人でも慌てている選手がいると、パワープレーってきついじゃないですか? でも、それが落ち着いてできていたのでチームの成長を感じましたね。

――そのあとに林監督もタイムアウトを取っていましたしね。
井口 はい。正直、大阪予選の時は「俺が引っ張らないといけない」という気持ちが強かったんです。でも、大阪予選の決勝は、AFC U-20フットサルイラン2019があったので、俺は出ることができなかったんです。でも、その試合でも勝ち切ってくれた。予選ではここ何年もずっと負け続けていたのに。だから、本当に良いメンバーと巡り会えたなと思いましたね。

――関西大会でも苦しみましたよね。
井口 苦しみました。でも、ずっと練習を頑張ってこれたので。PK戦はちょっと運も必要だと思うんです。その頑張ったことが今日、結果につながったかなと思います。

――アジア制覇して、日本一にならないわけにはいきませんね。
井口 そうですね。でも、町田U-18は強敵なので。今までで一番強いでしょうし。でも勝ちたいですね。

――毛利元亮選手からは「負けねーよ。良い準備して来いよ」という言葉を預かりました。
井口 それ、直接来ました()。試合が終わってから呼び出されて「ギリギリだったじゃん」みたいに言われて()。「俺ら、結構、点を取って勝ってるよ」みたいなことを言ってきたので、倒せたらめっちゃ気持ち良い相手ですよね。

――U-20日本代表でも一緒に戦っていた毛利選手を封じる自信はありますか?
井口 調子を上げてきているんですよね。あそこまでの相手になると、気持ちの面で頑張るしかないですよね。とりあえず元亮は抑えないといけません。40分間、マジで集中し続けないといけないゲームになると思います。トップチームもペスカドーラ町田との試合がありますし、トップチームも勝ってくれると思うんですよ。今日、サテライトがミキハウスに勝ったんですよ。いま、1位の相手に勝ってくれて。そういうのもモチベーションになりますし、今もうシュライカー大阪が上り調子なので、そこに乗りたいですね。

――トップチームは、そこまで上り調子でもないと思いますが()
井口 いや、トップチームも見せてくれると思います! 気持ち的には今までこの大会、フットサルチームが優勝したことはないので。今大会はフットサルチームが優勝することが決まっているので、そのチームになりたいという気持ちが、めちゃめちゃ強いです。

――大阪は初代オーシャンカップ王者にもなっていますし、初代のフットサルプロパー優勝も獲りたいですね。
井口 そうです。()浩平さんも選手として、その経験をしているので。全日本も優勝していますし。永井(義文)さんにも教わっていましたし、(佐藤)亮さんも練習を教えてくれているので、その経験や技術を生かして、明日は100%以上の力をみんなで出して勝ちたいと思っています。

――ここで活躍して、トップチーム入りもアピールしたいですね。
井口 いま、僕の進路次第なんですよね。来年はトップチーム登録選手になりたいと思うので頑張ります。今、僕が(この年代で)一番良い経験ができていると思うんです。元亮もケガでAFC U-20フットサル選手権も出られませんでしたし、(大澤)雅士も東京都予選で負けてしまいました。他の選手もFリーグで試合に出ている選手もいますが、今、僕は歴史をつくれる立場ですからね。

――確かに、そうですね。次のU-20日本代表での立場もありますからね。これで負けたら、毛利選手に合宿で「あの時、俺が勝った」と言われ続けますよ。
井口 そうですよね。絶対、元亮はウザそうですね。ずっと言ってきそうだし、絶対に勝ちたいです。いや、それ言われると、めっちゃダルい。言わせないためにも絶対に勝ちます。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社