【U18選手権】初優勝に自信を見せる町田U-18 FP甲斐稜人「決められるところを決めれば、難しい試合にはならない」

【U18選手権】初優勝に自信を見せる町田U-18 FP甲斐稜人「決められるところを決めれば、難しい試合にはならない」

[8.3 U-18選手権準決勝 町田U-18 6-2 サントス 浜松アリーナA]

 ペスカドーラ町田U-18は、今大会で多くのゴールを挙げ、圧倒的な強さを見せて決勝まで勝ち上がってきた。準々決勝では、北星学園大学附属高校から12得点を記録。準決勝のサントスFC/サンチスタ戦でも6ゴールを挙げて、決勝にコマを進めた。

 サントス戦でも強烈な左足のシュートを叩き込むなど、持ち味の思い切りの良さを存分に示しているFP甲斐稜人は、チームの状態に自信を見せ「先制点を取ること。決めるところを決められれば、そんなに難しい試合にはならないと思います」と、決勝を展望した。

以下、準決勝のサントス戦後の町田U-18FP甲斐稜人のコメント

――良いミドルシュートを決めましたね。
甲斐 はい!

――いよいよ決勝戦ですね。
甲斐 ここまで来たらもう勝たないといけませんよね。

――「ここまで」という言い方でしたが、長かったですか?
甲斐 いや、全国大会が始まってからは、めっちゃ短く感じますね。関東大会までは、めっちゃ長く感じました。

――今大会、町田U-18は得点を多く取れていますし、前からの守備もすごくハマっていて、失点も少なくできています。良いチームに仕上がっていますね。
甲斐 得点は最初の決められるところで決めることができています。準々決勝でも最初に決められるところを決めて、後半は本当に楽な試合になりました。サントス戦は後半に決められるところで外してしまい、苦しい時間帯にもなりましたが、最終的には点差をつけられました。これだけ大量得点ができているのは、ちょっと想像以上ですね。

――準々決勝なんて、12得点ですからね。
甲斐 そうですね(笑)。もうビックリしました。

――最後の方は、喜びもしませんでしたからね。本当にカメラマン泣かせな、町田の塩対応でした。
甲斐 あはは(笑)。明日はもっと喜びます!

――決勝の対戦相手、シュライカー大阪U-18です。
甲斐 明日、トップチームもちょうどシュライカー大阪との試合があるので、どっちも勝ちたいですね。どっちも勝ちたい。

――すでにトップ登録されている3人は、ここで勝つことがトップへのアピールにもなりますからね。
甲斐 はい。(ルイス・ベルナット)監督には、「全試合のビデオを撮ってきて」と言われていますし、全試合見るんじゃないですかね? すごく見てくれるので。

――チームの練習があった日も、午後には日本代表のトレーニングキャンプにも来ていましたよ。
甲斐 そうなんですか? すごいな。

――明日の相手、シュライカー大阪は守備が堅いですよね?
甲斐 そうです。守備が堅いです。U-20日本代表の(井口)凜太郎もいますし、ここまでの失点も少ないですよね?

――はい。今の試合も1失点でした。
甲斐 守備は堅いので、先制点が絶対に大事だと思います。関東大会の時も先制点を挙げたことで難しくなったので。なので先制点を取ること。決めるところを決められれば、そんなに難しい試合にはならないと思います。

――東京と関東は決勝で負けているので、ここで負けると「シルバーコレクター」になっちゃいますね。
甲斐 でも、東京と関東は通過点というか、一番大事なのは上に進む権利を取ることだったので。本当は優勝するのが一番いいんですけど。そこで負けていたからすみだとやりたかったですね。それはみんなでも言っていたんですよ。

――その思いを……。
甲斐 はい。すみだのぶんも、明日の決勝、思いをぶつけて日本一になります。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社