【U18選手権】決勝進出につながる先制弾のFP毛利元亮「甲斐さんを胴上げできるよう、勝ちにこだわる」

【U18選手権】決勝進出につながる先制弾のFP毛利元亮「甲斐さんを胴上げできるよう、勝ちにこだわる」

[8.3 U-18選手権準決勝 町田U-18 6-2 サントス 浜松アリーナA]

 ペスカドーラ町田U-18は3日に行われた第6回全日本U-18フットサル選手権の準決勝で、サントスFC/サンチスタと対戦した。6-2で勝利したが、この試合で口火を切ったのが、町田のエースであるFP毛利元亮だった。

 決勝のシュライカー大阪U-18戦に向けて毛利に心境を聞いた。

以下、準決勝のサントス戦後のFP毛利元亮のコメント

――大事な先制点を取りましたね。ただ、ゴール数では大塚尋斗選手には及んでいません。
毛利 そうっすね。彼はやっぱりピヴォじゃないですもんね。フォワードなので。あれはフットサルじゃないです。

――でも、それでも点を取ったらOKだと思います。
毛利 そうですね。19得点でしたっけ? 今後も抜く人、出てこないんじゃないですか? 6試合で19得点って相当きついですよ。普通のチームだったら、そんなに点も入らないと思いますし。

――大会の参加チームのレベルも上がってきていますし、その可能性はありますね。いよいよ明日は大阪U-18との決勝になりました。
毛利 トップチームも明日、シュライカー大阪とのFリーグの試合があるので、両方が勝つことが大事かなと思っています。あと個人的には(井口)凜太郎がフィクソについてくると思うので、しっかり倒したいです。自分はAFC U-20フットサル選手権に出場できなくて、アジア制覇はしていませんが、その間にこれだけ成長したんだぞっていうのを見せることができればと思います。

――準々決勝の試合で決めた3点目、マークを外したプレーは秀逸でしたね。
毛利 以前、Fリーグ選抜の金井一哉監督にピヴォのコーチをしてもらったことがあって、そこで教わったことが出せました。

――このタイトルをFリーグの下部組織のクラブが獲るのは初めてです。
毛利 まず自分たちは中3から甲斐(修侍)さんに教わってきましたが、その教えを一番発揮できる舞台だと思っています。もともとフットサルチームとして、この大会を優勝するというのが目標としてありました。この大会のために、3年から4年、フットサルをやってきました。本当に甲斐さんがいなければここまでこれなかったと思うので、甲斐さんを胴上げできるように全員で勝ちにこだわってやっていきたいと思います。

――U-20日本代表で行けなかった分も、こちらにぶつけないといけませんね。
毛利 U-20日本代表に行けなかったから、関東大会に出場できたんですよね。だから、そのためにケガをしたと思うことにしています。

――この選手権でも東京都と関東では、決勝でフウガドール墨田ファルコンズに敗れました。全国ではタイトルを獲らないといけませんね。
毛利 そうですね。昨年はリーグ戦と夏と冬の東京都の大会は、タイトルを獲ったんです。でも、1月に長野であった大会は準優勝でしたし、そこから獲れていないので、この大会は獲りたいですね。この大会は特別なので、ここで優勝するのが高校年代で一番だと思うので、絶対に獲りたいと思います。

――井口選手との対戦、楽しみにしています。
毛利 この後、話しに行きますか? 「負けねーよ。良い準備しろよ」と伝えておいてください(笑)。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社