【U18選手権】決勝で敗れた大阪U-18FP井口凜太郎「町田U-18は、選手層がズバ抜けて厚かった」

【U18選手権】決勝で敗れた大阪U-18FP井口凜太郎「町田U-18は、選手層がズバ抜けて厚かった」

8.4 U-18選手権決勝 町田U-18 3-2 大阪U-18 浜松アリーナ]

 第6回全日本U-18フットサル選手権は4日に決勝を行い、ペスカドーラ町田U-18がシュライカー大阪U-183-2で勝利し、フットサルプロパーチームとして初の大会制覇を成し遂げた。

 敗れた大阪のU-20日本代表FP井口凜太郎は試合を振り返り、FP毛利元亮とのマッチアップについて言及。この年代で圧倒的な強さを誇る町田と1点差のゲームができたことを前向きにとらえつつ、2年生たちにこの経験を生かしてほしいとメッセージを送った。

以下、U-18選手権決勝後の大阪U-18井口凜太郎のコメント

――意識していた毛利元亮選手にやられてしまいましたね。
井口 そうですね。先制点、取られました。

――町田戦を振り返ってください。
井口 良い勝負ができたと思います。ずっと(毛利)元亮とマッチアップをしていて、そんなにめちゃくちゃ負けたつもりはないんですが、点を取られてしまって……。

――毛利選手がいることによって、他の試合ほど攻め上がることができませんでしたね。チームとして前線で基準点をつくるのに苦労している印象でした。
井口 ずっと守備にまわされましたね。それでも、ホンマに、他のみんなが成長してくれたなと。みんなが引っ張ってくれたなと思います。町田って、層はズバ抜けて厚かったです。誰が出てきても強度が変わりませんでした。何人かすごいタレントがいるのですが、他の選手たちにも点を取れるようなメンバーがそろっていました。その相手に対して1点差でしたし、ギリギリまで苦しめることができたのは、喜んでもいいのかなと思っています。

――大阪U-18で今年抜ける選手はどれくらいいるんですか?
井口 7人くらいですね。でも、2年生も結構、いっぱいいるんです。半分くらいが2年生ですし、彼らは自信をつけたとともに悔しい思いをしたと思うので、その思いを持ったまま来年もできると思います。準優勝したことをプレッシャーに感じずに、自信を持ってやってほしいなと思います。

――シュライカー大阪U-18は、今回の前が第3回大会と少し間隔が空きましたからね。まずは連続出場ですね。
井口 しかもやっと今回、急にベスト3のチームがFリーグ下部組織になりました。ベスト4までフットサルのプロパーチームになりました。今年を区切りの年にして、今後もフットサルチームが上位に勝ち上がることが盛り上がりにもつながるのかなと思いました。

――次のU-20日本代表で、チームメートとしてプレーしたいような選手はいましたか?
井口 ロンドリーナとはロッカールームが隣になることが多くて、結構、みんな仲良くなりました。薮内(涼也)くんとかと一緒にやりたいですね。あと、フィクソの子(牧野謙心選手)も強くディフェンスしていましたね。ほかにもいろいろな選手がいましたし、山口優輝(サントス/サンチスタ)も左利きでシュートとドリブルがあって。すごいメンバーがいるので、逆に言ったら俺も油断できません。次に選ばれるのが決まっているわけではありませんから……。

――U-18選手権は終わりましたが、個人的な次の目標は何になりますか?
井口 シュライカー大阪サテライトが関西リーグを戦っています。先日、首位のミキハウスに勝利したので、このまま上位に食い込んで地域チャンピオンズリーグに出られるようにしたいと思います。あと、3日後にグリーンアリーナ神戸でU-18の大会があるので。

――またS.B.F.C.ロンドリーナや町田U-18(※町田U-18Bチームが参戦)と試合するそうですね。
井口 はい()。大変ですが、頑張ろうと思います。試合数が多いのは経験になりますし、今大会もこの過密日程で勝ち上がれたのはすごく良い経験になりました。

――AFC U-20選手権、今大会と続きましたが、モチベーションは落ちなさそうですね。
井口 このまえ、(U-20日本代表の)鈴木隆二さんに「目標はなんなの?」って聞かれて「サテライトで中心になって、トップ昇格を目指したいです」と言ったら「早めにトップに上がることを目指せ」と怒られたので、すぐトップに選ばれるように踏ん張らないとなと思っています。アルトゥールと(田村)友貴さんがそれぞれ2つのセットにいて、(齋藤)日向くんもいるので……。

――そこに割って入るのは大変そうですね。
井口 はい。他にも2人くらい、トップ昇格できそうな選手がいるので、負けないようにしたいです。今はまだいろいろ足りないのですが、そこは伸びしろがあると思って、いっぱい練習して、ピヴォも少しできるフィクソになりたいと思います。

――次はタイトルを獲らないとですね。
井口 はい。タイトルも獲れるように頑張りたいと思います。

スポンサーブランドサッカー・フットサルブランド アグリナ


Homepage Powered by スタジオコンチーゴ株式会社